まずはベルトを交換~!色が薄い下側に敷かれてるのが新品、濃くて上に重なってるのが古いのね。1㎜強減ってました。

 

プーリーセンターナット!緩める方向にナメた跡があるね、ベルトの減り具合等から交換したとは思えないので。

(元オーナーあたりが)緩めて駆動系やろうとする→ナメる→諦める→放置→どっかのバイク屋さんの在庫になる→(後述もしますが)金だけとって開けもしない→緩むって流れだと思われます。(あくまで想像ですよ、事実ではありません。)

 

うちで持ってる「ホームアークナビプラス」では綺麗には出来ませんが緩むことは無いでしょう。いつかきっと200Vの半自動入れるんだ!(遠い目・・・・それは死亡フラグです)

 

ギアオイルも換えます、一回変えてますねギアオイルとしては初めて見る色です粘度もかなり高いオートマオイルとも違うよな?・・・。

グリップも左右ノーマル新品に換えます。

ハンドルカバーを外しますが・・・・・なんでここにタッピングビスが入ってるかな!

ネジ山いかれとるやんけ!結局ハンドルカバーのネジは全て出鱈目に入ってました・・・・普通は一本くらいまともに入ってるものなんですが・・・・。

右グリップはスロットルパイプごと交換ですので当然ここまでばらせばブレーキフルードも交換です!

コーヒーかい!う~ん・・・これはキリマンジャロだね?

だからなんでここのネジがこれなんだよ!このネジはサイドアンダーカバーのネジやろがい!

恐る恐る左右のアンダーカバーのネジ見ると・・・・・・タッピング・・・。

ちなみにハンドルカバー上側から入ってるステンレスのタッピングビスも明後日なところから発見されました!

 

おう!こら!舐めとんのかオイ!気分はこんな感じ・・・・。

フロントフォークやるべくフェンダー外します左側は苦労しながらも外れたのですが右がダメ、冷やしても油さしてもダメ。ある程度緩んだところで折れました。まぁこれは海に近い土地柄もあるので誰のせいにも出来ないと思います。

ちなみに隠してるところにはバイク屋さんのシールがありましたが年季が入ってておそらくはこのバイクを新車で出されたお店様のシールのようでした。要らない誤解やご迷惑をお掛けしないように隠してあります。

ドリルでもんで

取り除き、、、このままというわけには行かず。

こいつで修正、、、新しいリコイルパケット買わないと・・・・。

気を取り直しフォークを外し・・・やはり土地柄か錆びますね。

外すときはこんな感じになります。

使えるものは何でも使って工夫します、こうやってトップキャップを押し込んで!

こんな感じね、これなら両手使ってゆっくり外せますね。

こんな感じにね。

ばらして磨いて。

反対側も同じようにね。

きっちりOHして組んでいく中で・・・・・。

フロントホイールのバルブ・・・・もげる寸前・・・・交換しておきました。リアは交換したことあるのか見た目に新しく無事でした。

紆余曲折ありましたがようやく終わったよ~!

 

試乗してお客様に連絡して何をどうしたこうしたお話して。どんな感じで購入されたのかお聞きして・・・・。

 

ここまでの車両なんでもしかしたら「現状渡し」で購入されたのかと思っていましたら・・・・。

 

車輛価格10万

 

納車整備手数料、登録手数料で3万

 

取られたとのこと・・・・・・・納車時に「どの辺整備されたんですか?」との問いに。

 

前後タイヤ変えたくらいで済んだよ・・・・・とのこと・・・・・。

 

まぁネジの間違いキリマンジャロコーヒーなブレーキフルード、錆すら落とさないフロントフォーク・・・・何も見ていないうえに!

 

タイヤ交換するなら新品に変えたなら!リアタイヤに110/70-12を入れてんじゃねぇよ!

 

まぁ、どこにでもひどい業者は居ます、傾向として

 

横浜 バイク屋っぽい何かと、ど素人の詐欺師集団が幅利かせてる

 

○○○ そもそもお店の数が少なく20.000km走ったスクーターのベルト交換頼みに行ったら「あ~ダメダメ乗り換えないと!」や。

      ハナからテキト~に売るだけで何もせん!って店多数なお素人詐欺師はいない模様。

 

ってとこかな~、基本的にはこ狡く稼ぐ業者側が悪いのは間違いありませんが!炎上やお叱り覚悟で書きますと。

 

とにかく安くの一点張り、で値段相応のものを買えば文句垂れる。これじゃあね下手すりゃまっとうなバイク屋だってグレるか廃業しますよ。

 

僕も負けろ負けろ安くしろってうるさい人に「じゃあ、お客様のお仕事は何ですか?エアコン屋さん?ではこんど僕の部屋にエアコン付けに来てくださいよ!¥2.000で。」って言ってやったことがあります。

 

「あんた人の仕事安く見て値切るんなら、自分の仕事安く見られて値切られても文句言えんよなぁ!」ってね。

 

物でも仕事でも最低限持った価値ってのがあるんです、それを平然と割り込もうとする亡者の群れが多すぎ。

 

我慢しようぜ~!足りない分のお金は一生懸命貯めてさ。自分の仕事も人の仕事も正当に評価してさ、気持ちよく仕事しようよ。

 

昔の人

キャノン F1が欲しい! この金額か~! 頑張って貯めよう!

 

今の人

キャノン F1が欲しい! この金額か~! 「おう!この金額しか持ってないから負けんかい!」

 

だからね。

 

どっちが先に死ぬか対面して首絞めあうような世の中は困るぜ~正々堂々!な資本主義で行きたいね。

 

いい加減にしないと変な店には・・・・。

行っちゃるけぇの!