上腕二頭筋に続いて

上腕筋について

 

 

上腕筋は肘を曲げる主な筋肉の一つです

一般的に「上腕二頭筋がやっている」と

思われている仕事の多くをこなしています

影の力持ち

 

 

上腕の筋肉ですが手に症状が現れます(図を参照)

 

 

上腕筋は上腕二頭筋の奥にあり

上端は上腕骨の三角筋付着部のすぐ下~
もう一端は前腕の尺骨に付着します

 

 

図のトリガーポイントの内側の2つは

橈骨神経の絞扼障害を起こす可能性があります

 

 

症状

 

 

上腕筋のトリガーポイントがあると肘をまっすぐ伸ばしにくくなります
親指の付け根、親指と人差し指の間に痛みを引き起こします
上腕筋を通る橈骨神経が圧迫され

親指と前腕の裏がうずいたりしびれたりするかもしれません

 

 

他にも多くの筋肉が親指のエリアに痛みを引き起こしますが

原因として上腕筋と斜角筋からまず除外します

 

 

親指が痛い時マッサージするのは自然なことですが

全然関係ない部分をマッサージしてるようなことも多いので

「どこから痛みが出てきているか」事前にしっかりチェックしましょう