大胸筋にトリガーポイントができると

左図のように赤い部分に痛みが出ます

 

 

図右のばつ印はトリガーポイントの例です

 

 

●トリガーポイントによって筋肉が短縮すると
胸鎖乳突筋(SCM)を大きく引っ張ります
胸鎖乳突筋の治療の際は大胸筋も事前にチェックすると良いでしょう


●大胸筋のトリガーポイントは
肩甲下筋、広背筋、大円筋のトリガーポイントと連携し
偽TOSを引き起こす事があります

(thoracic outlet syndrome=胸郭出口症候群)


●乳房・乳首の痛みや過敏症、ゴルフ肘、テニス肘、胸部圧迫感など
様々な症状を引き起こします



●予期せず突然動かすと強烈な痛みを引き起こす場合がある
(ギックリ大胸筋)

 

 

■悪化させる要因

心臓や肺の病気、自動車事故、不自然な呼吸、腕を動かさない、
長時間座る・しゃがむ、頭が前に落ちた姿勢(そういう姿勢になる作業環境、または心理状態)
キーボード操作などパソコン作業、巨乳、ブラジャーがキツイ、
ベンチプレス等胸の筋トレのやりすぎ、ボート漕ぎ、スキーやハイキングでのポーリング、
トレッドミル(ランニングマシン)で体を持ち上げる、歩行器の使用、
など

 

 

 

 

●これらをコントロールして

指圧や冷湿布で痛みをコントロールし

ゆったりした衣類を付けましょう