足底筋膜じゃなくて足底筋っていうひざ裏~ふくらはぎの筋肉です

↑足底筋のトリガーポイントの痛みはこんな感じです

足のウラ側に出ます

この痛みが出るとふくらはぎが腫れることもあります

 

 

 

足の裏の筋肉じゃないのに

なぜ足底筋というのか

 

 

 

サルとかの霊長類ではこの筋肉から続く筋膜が

足の裏まで続いてるようです

人間ではアキレス腱とかふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)と

癒合してしまってる人もいるようです(人によっては膝窩筋自体がない人もいる)

 

 

 

かかとの方はアキレス腱にくっついたり踵の骨にくっついたりで

人によって様々です

 

 

 

一応テキスト的には「歩いたり走ったりジャンプするとき使う筋肉ですよ

と書いてますが実際はほとんど使われていない筋肉のようです

 

手の長掌筋みたいなもんかな?

 

 

そんなちいさな筋肉ですが

やはりコリがたまるとよく有りません

この筋肉は位置的に膝のウラの動脈や神経を刺激してしまいます
 

 

 

その神経が足の裏の感覚やふくらはぎの筋肉を動かしているので

歩きにくくなって、かつ足裏の感覚が鈍いと要チェックです

 

 

 

動脈はヒザ下の血流全部に影響してきます

その場合は足底筋以外に

ヒラメ筋やアキレス腱周りも要チェックです

 

 

 

そんな風に神経や血管にも影響する足底筋

トリガーポイント(痛みの引き金)が出来てしまうと

足のしびれや疼きを引き起こします

 

 

 

坂道を走ったりジャンプしたりするアスリートに多く

アキレス腱炎とよく間違われますが

足底筋のトリガーポイントだけが原因であれば

足底筋に直接アプローチすれば即効性があり痛みもマシになります

 

 

 

長くなったので分割します

続きは次回!