東洋医学の基本に「気・血・津液(水分)」の3つがありますが

 

 

よく「気」ってなんですか?と聞かれます

「血」と「津液(水)」はまだイメージしやすいですが

 

 

格闘技とか気功とかの気はよくわかりませんが

鍼灸の学校でならった気のはたらきはこの5つです

 

  1. 動かす
  2. 温める
  3. 守る
  4. 固める
  5. 変化させる
 
 
基本はこれだけです
 
 
 
 
 
一つずつ詳しく解説すると↓
 
 
 
 
 
1、動かすはたらき(推動作用)
これは成長とかも含めた考え方です
カラダが成長して大きくなると骨の位置が今までとは違うところに動きますよね
 
 
2、温めるはたらき(温煦作用)
人間は恒温動物。爬虫類や植物ではありません!
寒いと生命維持のために内臓に血液があつまりますが
その分手足の血行が悪くなります
そのため血行不良などにも関係してきます
 
 
3、守るはたらき(防御作用)
一言でいえば免疫力!
皮膚のバリア機能や病気にかかったときに治す力も含みます
 
 
4、固めるはたらき(固摂)
軽くぶつけただけで内出血しやすい人とかいませんか?
この固める作用が弱っているかもしれません
内臓の位置を固定したり(胃下垂など)
おしっこや精を漏らさない(頻尿、早漏など)はたらきも含みます
 
 
5、変化させるはたらき(気化)
食べたご飯が血になり肉になり、う●こに変化するのはこのはたらきがあるから
体の中で代謝して別のものに変えていくはたらきです
 
 
 
 
文章ばっかりで頭が痛いですね
一番上の画像は僕の鍼灸の学校時代の資料に書いてたラクガキです
絵でイメージすると覚えやすかったので東洋医学の授業中はずっとラクガキしてました(;^ω^)
 
 
ここに残りの「血」「津液」が加わって
五臓六腑の作用が相まってカラダが動きます
 
東洋伝統医学?中医学?的にはこの5つのはたらきを「気の作用」と呼んでいます