心包経筋
・中指の先から始まり、肺経筋と共に走り、肘の内側に結ぶ
・上腕の前内側に沿って腋窩の下まで行って結び、そこから下って肋骨の前面と後面に分散する
・枝は腋窩の下から胸部に入り分散し、横隔膜で結ぶ


心包経筋の症状
・経筋に沿って筋緊張や痙攣
・切迫した呼吸に合わせて胸痛

治療法
・焼き針ですぐ抜く
・知る回数まで
・痛みがあると治る
・症状を孟冬痺と呼ぶ

治在燔鍼劫刺、以知為数、以痛為輸。名曰孟冬痺也。

 

 

 

便宜上番号をふっていますが古典の順番とは関係ありません

また、臓腑の名前も古典の経筋編には出てこず、経絡のものを当てはめています