小腸経筋のルート
・小指の手の甲側から始まる
・手首で結ぶ
・尺側(小指側)を肘まで上って、上腕骨内側上顆で結ぶ
・腕を上って腋の下で結ぶ
・腋の下の後ろに移動して肩甲骨に広がる
・首に上って、膀胱経筋の前で、乳様突起に結ぶ
・耳の後ろに上って、そこから分枝が耳の中に入る
・耳の上の領域まで耳の後ろを更に上って、下降して下顎骨に結ぶ
・歯を横切って上り外眼角(目尻)で結ぶ
・頭の角、
・頭の角の頭維穴ST8の当たりまで上り結ぶ

 

 

 

小腸経筋の症状
・経筋経路に沿った筋緊張や痙攣
・小指の緊張
・肘や上腕の内側の痛み
・腋の下や腋の後ろの痛み
・首まで届く肩甲骨の痛み
・顎の下まで響くような耳の痛み
・長時間何かを見ていられず目を瞑らずにいられない
・首の筋肉が緊張して、筋肉の萎縮や腫れを引き起こす

 

 

 

治療法

・治療法は焼き針ですぐ抜く
・知覚できる回数
・痛みにより癒える
・腫れている場合、さらにまた鋭く刺す
・この経筋病を仲夏痺と呼ぶ

治在燔鍼劫刺之、以知為数、以痛為輸。其為腫者、復而鋭之。名曰仲夏痺也。

 

 

 

 

前にスマホ肘とかブログの記事に書いた覚えがあります

陽の経筋は手・足の6つとも目の方にいくので

パソコンの触りすぎで目・肩・腰にきてる時は要チェックです

 

 

 

 

 

経絡の順番とも

古典に出てくる経筋の順番とも違いますが

わかりやすいように適当に番号をつけて

この順番にブログに書いています