肝経筋のルート

・親指の背部から始まり、上って内くるぶしの前で結ぶ
・脛骨内側面に沿って進み内側顆(ヒザの内側)で結ぶ
・引き続き太もも内側面を上り、鼠径部を通り性器までいって結ぶ所で他の諸経筋と接続する
 

 

性器周辺のこういう描写は骨盤底筋群のことかもしれません

蟻の門渡りとかよばれる会陰部の筋肉

 

 

 

肝経筋の症状
・母指の緊張
・内くるぶしの前の痛み
・ヒザ内側面の痛み
・太ももの内側面のケイレンと痛み
・性器の機能不全(インポテンツ、ED)
・内側が傷つくことで勃起できなくなる事がある
・寒さにやられると性器が縮んでしまい
・熱でやられると勃起が収まらない

 

 

 

性器関連は寒さによるものが多いとは思いますが

収まらないのも問題ですね

収まらない場合は緊急性があるので鍼灸ではなく現代では病院へ行くべきかと

 

 

 

治療法
・熱の場合水に入って陰気を清める
・筋の緊張による場合は焼き針ですぐ抜く
・知覚する回数おこなう
・痛みを以て癒える
・これらの症状は季秋痺と呼ぶ

 

 

 

 

 

ここいらは原文も短くあまり書くことがないですね

便宜上このように番号をつけて

その順番にブログにしていっています

次の足の少陰・腎経筋で足は終わりですね