高血圧

テーマ:

高血圧

安静時の血圧が140/90mmHg (もしくは130/80(2017年アメリカのガイドライン) )以上

 

 

 

○注意が必要
専門医に診てもらいましょう

 

病気によるもの

・腎臓病

・満月様顔貌(クッシング症候群)、周期性の四肢麻痺(周期的に手足の力が抜ける、アルドステロン症・副腎)

・血圧が左右の腕で10以上違う、足で図ると低い、腹部に血管雑音がある(心臓性、血管性)

 

生活習慣によるもの

・動悸、息切れ、むくみ(高血圧性心疾患)

・頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれ感、不眠など(高血圧性脳疾患)

・夜間尿、蛋白尿、むくみ、視力障害、食欲不振など(高血圧性腎疾患)

 

 

ストレスや食事、遺伝などの影響もあり

上記「○注意が必要」なパターンに当てはまらない場合も

長期間続くと脳や心臓、腎臓などにダメージがあることが問題になってくる

 

 

 

【症状】

特に自覚なしの場合や、

肩こり・耳鳴り・不眠(脳)・動悸・息切れ(心臓)・夜間尿(腎臓)などの症状がでる場合もある

 

【所見】

血圧測定で数値が高い

程度が重いと胸部の聴診、打診の異常や尿蛋白が見られる

 

【対策】

血圧の安定化から、全身を調整し脳血管や内臓へのダメージを予防する

 

【ツボ】

天柱、人迎、心兪、腎兪、郄門

 

 

 ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_ ̄_

 

 

○東洋医学的な考え方

ストレス、飲食などの影響が大きい

肝腎の陰陽バランスの乱れが基本になる

本虚標実(根本は不足しているが表面的には過剰に見える)

ここでの本虚は腎、標実は肝

基本的に古典には「血圧」について書かれておらず

めまいや頭痛などの症状に関連が見られる

 

 

【分類】

  • 肝火ーーー長期のストレスで肝鬱になり、化火し肝火がのぼり高血圧になる。めまい、耳鳴り、頭痛を伴う。(舌:紅、舌苔:黄、脈:数脈・弦脈)
  • 痰濁ーーー油や甘い物の食べ過ぎ、飲酒のし過ぎで痰濁が生じて、排出されないと化火し高血圧になる。めまい、頭重感、食欲不振を伴う。(舌苔: 苔、脈:滑脈・濡脈)
  • 陰虚陽亢ーーー腎陰が不足すると肝陰も不足する。肝陰が不足し肝陽がコントロール出来なくなると、肝陽亢進により高血圧になる。腎陰不足による腰のだるさ、健忘、耳鳴りを伴う。(舌:紅、舌苔:少ない、脈:弦脈・細脈・数脈)

 

肝火、痰濁は実証。陰虚陽亢は虚実夾雑。

 

【ツボ】(実証は瀉法)

肝火ーーーえい風、聴会、侠谿、中渚、太衝

痰濁ーーー風池、豊隆、足三里、太衝

陰虚陽亢ーーー風池(瀉)、曲池、内関、三陰交(補)、太谿(補)

 

 

 

 

参考:東洋医学臨床論〈はりきゅう編〉_医道の日本社

 

 

ツボの位置に関して一応人形の写真を撮りました

細かい位置に関しては解剖学の話も出てきて一つの記事に収まりきらないので省略しています

 

 

 

鍼灸院には診察・診断の権利はありませんのでご了承下さい