脊髄神経と末梢神経、皮膚と筋肉の関係で

 

デルマトーム(dermatome)皮節

ミオトーム(マイオトーム、myotome)筋節

 

は有名ですがスクレロトーム(sclerotome)硬節は知りませんでした

 

鍼が骨に当たることも少なくないので鍼灸師は知っておきたいところです

どこかの鍼の流派では骨に当ててひびかせると聞いたことあります
 

検索していくとsclerotomeは骨膜に分布する図とそれ以外の部分の図がありました

あとデルマトームと同じく中枢(脊髄神経)と末梢の図でも分かれてました

 

 

 

google先生を頼りに参考ページを探しました

 

https://archive.org/search.php?query=S%C3%A9miologie%20des%20affections%20du%20syst%C3%A8me%20nerveux

Sémiologie des affections du système nerveux 著者 Joseph J. Dejerine (神経疾患の症候学)

デジェリーヌ症候群とかデジェリーヌ徴候のジョセフ=ジュール=デジェリーヌさんの書いた本です

(デジェリーヌ徴候とはくしゃみやいきんで腹圧が高まった時

脊髄まで圧力が伝わり椎間板ヘルニアの症状が再現されたり悪化したりする徴候)

 

スクレロトームは原著の816ページと817ページの間に大きい図が挟まれています

PDFのページ数じゃなくて原著の上に書いてるページ数です

↑この写真はブログが重くなるのでサイズ縮小して圧縮かけてます

原本はもっとデカい画像ですので印刷利用する方は原本をDLしてみてください

 

どこかのサイトでAnatomie des centres nerveuxの方がスクレロトームの原典とか紹介されてて

最初はそっちを全部目通しました(-_-;)

どこにものってなかったっていうね

そっちは神経疾患の症候学というよりアナトミー セントレス ナーブなので「中枢神経の解剖学」ですかね

そちらもアーカイブで公開されています

 

図を探してただけとはいえ800ページ目を通すのは時間がかかる・・・

PDFのOCR機能もまだまだイマイチだし

アーカイブ内の図を画像検索できるようになればいいですね

そういうのも将来もっと簡単に検索できるのでしょうか

 

 

 

骨膜のパターンはこちらの方がわかりやすいですが、背面の図が見つかりませんでした

https://aneskey.com/neurolytic-blocks-2/

ページ下部

Sclerotome chart. (Reprinted from K. Candido, R. Stevens Best Practice & Research Clinical Anaesthesiology, 17:3, 407-428, 2003, with permission from Elsevier.)

引用元のエルゼビアの論文は有料で見れませんでした

 

 

http://www.sp01.com/6thtri/images/sclerotome1.jpg

http://www.sp01.com/6thtri/images/sclerotome2.jpg

こちらは骨膜以外の部分で、解説によれば

"これらの疼痛パターンは、脊椎関節、靭帯または筋膜が炎症を起こしたり

炎症を起こした場合に起こり得る。"

だそうです

うーん・・・炎症と炎症で炎症がダブってしまった
翻訳サイトによると

英語ではirritateとinflameで

ヒリヒリするのと腫れて熱を持つのとで若干意味が違うようです

 

 

 

https://accessanesthesiology.mhmedical.com/content.aspx?sectionid=42543721&bookid=572&Resultclick=2 上肢

https://accessanesthesiology.mhmedical.com/content.aspx?sectionid=42543729&bookid=572&Resultclick=2 下肢

こちらは末梢神経の骨膜の分布図

 

https://pbs.twimg.com/media/CdUSjlfVIAEZ7-B.jpg

こちらも末梢神経のsclerotomeで骨膜のパターンをツイッターから

 

 

日本語の資料がほとんど出てこなかったのがけっこうめんどうでした

こういうのはデルマトームと同じく人によって違うところもあると思うので

観察、考察しながら鍼をしようと思います

 

さらに検索していくとオステオトーム(osteotome)ってのが出てきましたが

キリがないのでこの辺にしときます

“cutting instrument” (microtome; osteotome), “segment, somite” (sclerotome)

と出てきたので手術器具とごっちゃになってるのかね