がんの方の料理実践教室 2011年12月 | ボタニック・ラボラトリー代表 森山晃嗣のブログ
2011-10-27 16:41:02

がんの方の料理実践教室 2011年12月

テーマ:2011年12月のイベント

癌でも糖尿病でも突然起きるものではありません。




何ヶ月も何年もじっくり時間をかけて進行します。気づいた時には病気だったというのがほとんどです。




毎日自分自身の口から食べたり飲んだりした食物が消化吸収され、血液となり全身の細胞をつくる為に循環します。




ロジャー・ウイリアムス博士の教えの栄養素は単独ではなくチームで働く「生命の鎖理論」を学び、実践では、素材の持つ香り、味付けを工夫することで、簡単で美味しい養生レシピで日々の負担をなるべく少なくする料理をまなびます。




がん予防の料理教室を2回シリーズで行います




【開催日】

1回目 2011年12月1日(木) 2回目 12月8日(木)

【日 程】

11:00~14:00 がんの方のための料理実践

【講師:飯塚喬子・瓜生朋子・志澤 弘】


14:30~15:00 栄養についての質問にお答えします

【講師:森山晃嗣】




【定 員】10名 ※定員になり次第締め切らせて頂きます。




【参加費】会員 10,000円(NPOがんコントロール協会/ボタニック・ラボラトリー会員)

      一般 16,000円

※2回分の料金です。下記口座にお振込みください。




【お振込先】三菱東京UFJ銀行 千葉支店/普通 口座番号 1125657

         名義:ボタニック・ラボラトリー株式会社




【会 場】ボタニック・ラボラトリー株式会社 キッチンスタジオ

     東京都千代田区鍛冶町2-1-14赤尾興産ビル5階


     http://botanic.co.jp/company/index.html




【持ち物】エプロン 三角巾




12月1日メニュー 朝食を中心に

ヒポクラテススープ・かぼちゃオートミールクッキー・グリーンサラダ ドレッシング付き・ひよこ豆の玄米ご飯・ひじきとレンコンの重ね煮・ガーリックポテト・小松菜の炒め物




12月8日メニュー 昼と夕食を中心に

スープラタトウユ・ライ麦の冷麺・ライ麦クレープの野菜包み+トマトドレッシング・豆サラダ・スティック野菜+豆腐マヨネーズ・おろしレンコンのお焼き






【講師プロフィール】 

正常分子栄養学講師:森山晃嗣 

NPO法人がんコントロール協会理事長、ボタニック・ラボラトリー㈱代表取締役

食事療法によって病気を克服した体験をきっかけに、米国医大通信講座で正常分子

栄養学を学び、 故ロジャー・ウイリアムス博士より「栄養とその可能性の全てを

世界中に広めて欲しい」と託され、 その後30年以上にわたり、アブラハム・ホッ

ファー博士、ライナス・ポーリング博士、ジョナサン・ライト博士、 パアボ・エロ

ーラ博士達の生物学的医療の基本となる栄養について学びつづける傍ら、日本の全

国各地はもとより、 アメリカ、カナダ、台湾などで「生命の鎖」理論に基づいた講演

活動を行い、その参加者は100万人を越えております。




料理実践講師:飯塚喬子 

NPO法人がんコントロール協会理事、ボタニック・ラボラトリー㈱常務取締役

料理指導歴25年、3人の子供は学校を病欠することも無く皆勤賞の健康優良児に

育て成人させた実践実力お母さん。CCSクリニック、キャンサーケアクリニック

と2つのクリニックに来院するがん患者さんに「塩抜き、砂糖抜き」の食事を味わ

い深く、そして糖尿病の患者さんには「糖質カット」の食事を創作し、多くの方の

健康レベル向上に尽力してきた実績を持ちます。




主催:ボタニック・ラボラトリー株式会社

協賛:NPO法人がんコントロール協会

東京センター 〒101-0044東京都千代田区鍛冶町2-1-14赤尾興産ビル5F

TEL 03-5297-4015/ FAX 03-5295-0081 担当:飯塚・瓜生



あきちゃんとスタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス