いのちの鎖 料理教室 あぶら編 全2 回講座 2010年11 月11 日(木)25 日(木) | ボタニック・ラボラトリー代表 森山晃嗣のブログ
2010-10-14 16:18:06

いのちの鎖 料理教室 あぶら編 全2 回講座 2010年11 月11 日(木)25 日(木)

テーマ:ブログ

『あぶらを替えれば・・・人生が変わる!!』



私たちの身体は60 兆個の細胞が膜に包まれて存在しています。


日程:2010年11月11日(木)、25日(木)
時間:11:00~14:00
場所:ボタニック・ラボラトリー東京センター キッチンスタジオ


いのちの鎖 料理教室 ~あぶら編~全2 回講座


あぶらを替えれば代謝が変わる 代謝が変われば細胞が変わる
細胞が変われば組織が変わる 組織が変われば器官が変わる
器官が変われば人体が変わる 人体が変われば器官が変わる。


この60 兆個の細胞の細胞膜は蛋白質とあぶら(脂質)の質によって、

細胞の内と外のミネラル・コミュニケーションのスピード伝達能力に差が生まれてきます。


生化学・分子生物学の研究からこのあぶら(脂質)について、様々なことがわかってきました。


エネルギーが足りない時の貯えは固形のあぶら・飽和脂肪として皮下組織や内臓周辺に準備されます。


細胞は代謝し活動しているので、流動的なあぶら(脂質)・不飽和脂肪酸の状態です。

不飽和ということは活動的だが酸化してしまうという不安定さが問題になります。


これを瞬時に止める酸化防止のための栄養物質は野菜・果物に含まれるS.O.D(活性酸素除去酵素)、と他の植物栄養物質やミネラルです。

つまり質の良いあぶら(脂質)を取り入れ、酸化を防止することが若々しく元気に活動できることの条件となります。

同時に生きていれば必ず、体内で起きる炎症・かゆみ・痛みに対応出来る能力のあるあぶらを用意するように人類は出てきました。

そのあぶらはγリノレン酸と名付けられました。

現代の食生活の乱れから、リノール酸(特に酸化してしまっている脂質)の取り過ぎと、ミネラル・ビタミンB 不足でγリノレン酸をする酵素がない人が60%以上になると報告されています。つまり、食生活から植物油のリノール酸を90%カットし、γリノレン酸を補給することが、自律神経やホルモンの調整能力を高め、かゆみや痛み・炎症を防ぐことはなるとわかってきました。



今回はあぶらの話とナチュレオを使った料理を実践を含んだ2 回のコースで自分はもちろん、家族や大切なひ
とのために!


【カリキュラム】
全2 講座 時間:11:00~14:00 受講料:21,000 円(会員10,500 円) 定員10 名
日程 栄養学理論 講師 森山晃嗣 実践 講師 飯塚喬子


11 月11 日(木) 1. 植物油の危険性について 1. ココナッツ油を使った健康料理
11 月25 日(木) 2. 油による病気と必須脂肪酸 2. ココナッツ油を使った健康料理


※次回はダイエット編です。(12/9, 16)


【講師プロフィール】
正常分子栄養学講師 : 森山晃嗣

NPO 法人がんコントロール協会理事長、ボタニック・ラボラトリー㈱代表取締役

食事療法によって病気を克服した体験をきっかけに、米国医大通信講座で正常分子栄養学を学び、 故ロジャー・ウイリアムス博士より「栄養とその可能性の全てを世界中に広めて欲しい」と託され、 その後30 年以上にわたり、アブラハム・ホッフォー博士、ライナス・ポーリング博士、ジョナサン・ライト博士、 パアボ・エーロラ博士達の生物学的医療の基本となる栄養について学びつづける傍ら、日本の全国各地はもとより、 アメリカ、カナダ、台湾などで「生命の鎖」理論に基づいた講演活動を行い、その参加者は100 万人を越えております。


料理実践講師 : 飯塚喬子

NPO 法人がんコントロール協会理事、ボタニック・ラボラトリー㈱常務取締役
料理指導歴25 年、3 人の子供は学校を病欠することも無く皆勤賞の健康優良児に育て成人させた実践実力お母さん。CCSクリニック、キャンサーケアクリニックと2 つのクリニックに来院するがん患者さんに「塩抜き、砂糖抜き」の食事を味わい深く、そして糖尿病の患者さんには「糖質カット」の食事を創作し、多くの方の健康レベル向上に尽力してきた実績を持ちます。



◯ココナッツマヨネーズの作り方◯
100%ココナッツオイルを使って作る、このレシピのマヨネーズは作り立てが最高に美味です。


材料:
卵 1 個
アップルサイダービネガー 大さじ1
マスタード 大さじ1/2
パプリカ 1/8 小さじ1
塩 1/4 小さじ1
液状のココナッツオイル 1-1/4 カップ


作り方:
ココナッツ油1/4 カップとその他の材料をブレンダーかフードプロセッサーの中に入れます。

約1 分かき混ぜましょう。ある程度混ざったら、残りのココナッツ油をゆっくりと時間をかけて注ぎます。

そしてしっかり混ぜ合わせます。

油が加わると濃厚さ出てくるでしょう。味わいは調節してください。

このマヨネーズ大さじ1 杯で大さじ半分のココナッツ油を摂取出来ます。



もし作ってしばらく置いたり、1~2 日後に使うつもりなら、冷蔵庫の中で保存し、使う前の30 分前に室温に戻しておきましょう。作り立てと比べて味は堕ちてしまいますが、十分つかうことができます



お申し込み、お問い合わせは、03-5297-4015 ボタニック・ラボラトリーまで

WEBからのお申し込みは

パソコン用URL http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P31597606
携帯電話用URL http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P31597606


あきちゃんとスタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス