(2019年3月/ 3回目のキューバ滞在🇨🇺)



初回の一人旅で、彼の職場であるカフェに迷い込んだあの日、親切にしてくれた女性スタッフを覚えているだろうか?(2話参照)


何もかもチンプンカンプンだった私に、彼女が粘り強く通訳してくれたからこそ、最終的に彼と私はデートの約束をする流れになったのだった。


もし他のスタッフだったら、あの流れにはならなかったかもしれない。



🇨🇺



彼との遠距離恋愛が始まってから、私は彼女とも個人的にメールする仲になっていた。


またこの当時、彼のスマホは特定のwifi公園などでしかインターネットに繋がらなかったが、彼女のスマホはどこでも繋がる仕様だった為、彼は仕事中にしょっちゅう彼女のスマホを借りて私にビデオ電話し、彼女も一緒に話したりもしていた。



今回は彼女と久々に再会し、その彼氏も一緒に4人で半日ハバナの街で遊んだ。



(私の)行きつけのアイスクリーム屋さんに行ったり、






日本食レストランへ行ったりした。



彼女↓





彼女の彼氏↓




彼女達は、箸🥢に苦戦しながら食べていた。


私の彼は、年末年始に私と一緒に過ごした時に初めて箸を使ったらしいが、最初からすぐにコツを掴んで上手に食べていた。



🇨🇺



ハバナでは2軒の日本食レストランへ行った。


ここは、その名も「日本食堂」。



オーナーは日本人であるが、この日いたスタッフはキューバ人だった。



メニューも色々あり、味も日本で食べるのとほぼ同じ。








美味しかった〜🎵



🇨🇺



そしてこの日、彼女と二人きりになった時に、彼女は私にある秘密を打ち明けた。



ビックリ!!


そして切ない話だった。



これもやっぱり、キューバだから、の話なのかなぁ………



〜つづく〜