劇団うてな「大正十二年のリベリオン」 | 司会者 夏月あみのAmism LOG

司会者 夏月あみのAmism LOG

宝塚から愛とパワーあふれる声を発信♪
司会者 夏月あみのブログへようこそ♡

ご質問からお仕事の依頼まで、どうぞお気軽に(*^_^*)
amism_hoshinoko@yahoo.co.jp


テーマ:
こんばんは!
司会者の夏月あみでございます♪


先週末は特に忙しかったのですが、その合間に劇団の公演を観に行きました。 
自らの感性と表現力を高めるために!!!


…………な~んて、カッコいいことを言いたいところですが、そうではなく(いや、それもあるけれど!笑)大好きな役者さんがいるのです♪


***


梅田でのお仕事ののち、谷町線でピューンと移動!
千林大宮の大阪芸術創造館にて。
劇団うてなさんの
「大正十二年のリベリオン」
を観てまいりました♪

{8CEBCAB6-B05A-4EDC-835B-DE5F18901BE6:01}
↑この一枚が、全てを物語っているような……いや、そんなことないか!笑


うてなさんの公演を観せていただくのはは、今回で二度目。
前回も今回も相当笑わせてもらいました。 
が!
が、思いっきりコメディなのに、ズドンと胸に迫る言葉が随所にあり、様々な角度から射抜かれるんです。


今回は特に、私の大好きなキーワードが随所に散りばめられており、笑ったり考えたりとかなり入り込んで見せていただきました♪
文学女性の社会進出
これらについて深く?切り込んだお話でした。
でも!
全く堅苦しくなく!!
むしろ全体的に面白くておかしくて!!
サブカル色が強くて!!!
(↑これは私は勉強不足で、いろんな意味で焦りました!笑)
いろんな方がそれぞれのベクトルで楽しめる舞台だったと思います。


また、何より、ライブ感がたまらなかったですね。
これは司会者として通じるものを感じました。
舞台だけでなく(メインテーブルだけでなく)会場全体が(ご披露宴会場全体が)一つの空気に包まれる!!!
そんな瞬間は感激でした。


前回見せていただいたのは赤穂浪士のお話。
今回は大正あたりの文学少年を取り巻くお話。
うてなさんは歴史モノが得意なのかな?と思っていたら、脚本家さんが同じだったようです!
へぇ~!!!


まだ二度しか見ておりませんが、役者さんたちが皆さん回を重ねるごとに輝きを増しておられるような気も……!!


うーん♡
観劇って深いですね。
知れば知るほどハマる感じです。


***


さて!
私の大好きな役者さんは、この方♡
{80529757-923F-4710-BE0A-5041829CBAEB:01}
栢さんでーす!
実は、大学時代からの親友なんです!笑
彼女の行動力とセンスにはいつも尊敬の眼差しを送っていますが、舞台の上の輝きにまたまた魅せられました♡


↓友人にサインをもらう私!
{2BDCE92E-C011-4C7B-90A2-CF6E1FF90F52:01}
終演後、役者さんたちがこうして出てきてくださるのが、また、いいですね♡


ところで。
本当は当日夜にこの記事をアップして、少しでも宣伝協力できたらと思ったのですが、栢さんの衣装はネタバレになるなと思い躊躇ってしまいました^_^;
だってね、宣伝写真がこれですよ?
{F4222EDA-F10E-4473-8107-60057669CBB8:01}

栢さん、こんな感じ。
{6CD31A14-CFC2-403C-AA1A-AC1D592EB20A:01}

ね、びっくりしますよね?
だってこの雰囲気と衣装を期待して待っていましたから。笑
でも、期待は見事に裏切られました(≧∇≦)


いやー!!
楽しかったです!!!
翌日の現場へのパワーになりました♡



夏月あみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス