TJWK関西 展示販売会 | 繋ぎ手のひとりごと

繋ぎ手のひとりごと

TJWKの活動に参加してます。モチーフを繋ぐなかで湧き出た思いをつづります。


テーマ:

10月8日の搬入から、TJWKの展示販売会のお手伝いに、阪急百貨店へ通っています。


10階の手芸用品売り場「sesse」の入り口にブースを用意していただいています。


毎日、いろんな人が来てくださるのがとても嬉しいです。


手芸用品売り場の入り口なので、

TJWKのイベントをやってるというのを知ってる人以外、

基本、毛糸や布などを買いに来た人くらいしか前を通りません。


でも、山盛りのモチーフ作品はそれだけでとても目につきます。

「懐かしいわー」と、近づき、手に触れて、思い出話をしてくださる人が多いです。


その中で何人かの人が、TJWKの活動に興味を持たれて、作品を購入してくださいます。


たまたま、通りかかっただけなのに。

えーー!いいんですか?と心の中で叫んでます。



昨日は「インターネットで見ましたよ」と声をかけてくださったお客様がいらっしゃいました。


「去年、ホームページで気に入ったのがあったんだけど、売れてしまってねぇ。

まだ、活動続けてらしゃったのね。」

と。

昨日は、たまたまsesseにお買い物に来られてTJWKに気づいたのだとか。


うそのような、本当の話です!


こんな偶然って、あるんですねー。

お話してて、鳥肌が立ちました。


そして、バッグを買って帰ってくださいました。

予定の無い、お買い物だったでしょうに。

ありがたいことです。



そして、もうお一人。

まっすぐにTJWKのブースに向かって歩いて来られて、

ショールやマフラーを手に取られます。

買うこと前提の動きだ、と感じました。


「TJWKのこと、ご存じなんですか?」とお尋ねしました。


「ええ、友達がやってるんです。」

「そうなんですか!よろしければお友達のお名前を教えていただけますか?」

「きょうこ。にったきょうこです。カナダの。」

「ええーー!カナダの新田さんですか?」


カナダの新田きょうこさんは、TJWKの生みの親。

http://t.co/A2syVpoLpI


そのお友達は、奈良から来てくださったそうです。

カナダ―日本―カナダ―奈良―大阪梅田


大きな繋がりを感じて、目頭が熱くなりました。



阪急百貨店のTJWKの展示販売会は10月15日火曜日午後5時まで、開催しています。


まだまだ、いろんな繋がりを知って、感動しそうです。











みかりーんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス