アニマルヒーリングを受けられた方からご感想を頂きました。

病気の子を持つ飼い主にとっては、一日一日が一喜一憂ですよね。

ご飯を少し食べてくれただけで心が躍り、呼吸が辛そうな時には一緒に苦しくなるものです。

個人的な経験ですが、14年前猫ピーちゃんを保護した時には肺水腫で呼吸が苦しく、白血病キャリアでもあり、麻酔に耐えられるか分からない状態での手術でした。

手術後に覚醒はしましたが、既に膿が癒着していたので完治は出来ず、長くは生きられないと告げられました。

それでも1か月の入院生活を経て、普通に暮らせるまでに回復し、更にその後は白血病も陰転し今に至ります。

私にとっては初めての猫でした。

病気に対する知識が薄かったこともあり、絶対何とかなる!絶対諦めない!の一心でした。

今思えば、やはり飼い主さんが弱っていては病魔と闘うことも難しいと思います。

飼い主さんにとっては不安や絶望感との闘いの日々ではありますが、少しでも心を癒し、ペットの心と体の負担を軽くし、エネルギーを注げたらと思っています。

と言うことで、飼い主さんへのヒーリングも始めました。

宜しければ合わせてお申し込みください。

全ての動物たちが幸せに生きられることを祈っています。

いつも心から願っています。

 

  クローバークローバークローバー アニマルヒーリングのご感想 クローバークローバークローバー

 

 

・ごはんを食べるようになりました。

・猫😸が控えめな性格なので私や家族のことを愛してくれていたことを知れて、とても愛おしく感じました。

・膀胱炎でいろんな所でおしっこしてたのが無くなった。

・いつも唸っていた猫😸に対して穏やかになった。

 

 

ヒーリングは臼井式レイキだけではなく、オリジナルです。

状態をお聞きしてから行います。

パワフルなものから優しく穏やかなものまで、調整して行います。

ぜこご活用ください。

 

▽ピーちゃん 14歳

 

あちこち弱っていますが、今日も命は輝いていますキラキラ