旅のお土産は筋肉痛です♪


⬇︎一つ前の記事⬇︎




Amiの夏休み②はじまりはじまり〜



夏休みの
もう一つの目的は
ヒロコ先生のプライベートレッスン♪
普段はアメリカにいるので
夏に帰ってきた時にお願いしていまして
今回が3年目です。・*・:♪



いつもの
ヴェルニー公園で。・*・:♪
最寄駅は汐入。
宿泊していた馬喰横山からは
電車で1時間くらいかな。

ヨガとなるとその時間もあっという間ですニコニコ



今回はスタバでお茶をしてから
レッスンをしてもらいました。

ヒロコさんの言葉は
優しくて、自然体で、
全部受け止めてくれる愛があって
ずーっと喋れちゃいます。



今回のレッスンは
私がマイソールやってきたのもあるのかな?
きっちりかっちりというよりは

お話しながら
アーサナ(ポーズ)研究していくような
流れだったので、一つ一つ深めてもらえました。




私にはまだ知らなかった
体の使い方、繋ぎ方。たくさんありました。





私のヨガの追求にポーズができるできないは
重要ではないけど、、
アーサナはたくさんの気づきをくれます。
そして人間ですからやっぱりできたら
嬉しいのは事実です。
そして前を向けます。ね。


このアーサナ


写真だと簡単そうでしょ?
足を上げて終わりではなくてね
お尻を下げることが大事でね。
下げていくと重たくなるから
お腹の踏ん張りがかなり必要でね。
踏ん張ろうとすると小さく丸まっちゃう。
そうではなくて胸を開いて足もあげる
そうするとまたお腹が抜けちゃう〜
繋がれー!おーっ!

という状況です。



体のあちこちの繋がりを
感じれるからアーサナはすごい。
自分への視野がグッと深まり、
広がっていきますね。


ヒロコ先生のアーサナを
近くで見れる事もありがたい。

ラブ
びゅーてぃふぉー。


どうやら私にも
伸び代があるらしい。

アミもこれできるよ!

と言ってもらえたので
ゆっくりやります。



色んな質問もさせてもらって
ヨガのアーサナに関しての話も聞けました。
あとは、ヒロコさんとヒロコさんの師匠との
会話も教えていただきました。

アーサナとヨガ。
SNSとヨガ。
魅せる努力、見せない努力とかとか
その辺のジレンマが
解決、癒された感じ。


やっぱ基礎が大事だという事。
指先までの細かいとこまで。・*・:♪



スーっと風のように
私に届けてくれます。


体に対しても
&
女性としても。


アーサナも素敵だけどマインドが素敵だから
毎年会いたいのです。


ヨガインストラクターとしても
そしてヨギーニ(ヨガする女性)としての
知恵もいただけるので
軸が整っていく。大事な時間です。


今年もありがとうございました。・*・:♪




以前の記事でちょっと書いた事。
ヨガ
ヨガインストラクター
一緒のようで
一緒ではない
この感覚は
今のところ私的には事実です。



生徒の皆さんが
ヨガをしながらお仕事したり
ヨガをしながらママをしているのと
同じで

ヨガインストラクターだから
ヨガ。
ではなくて
ヨガインストラクターでなくても
ヨガにはなれます。
&
立派なヨギーになれます。



ヨガインストラクターだから
ヨガ。というように
イコールにはならないのです。


むしろ
ヨガインストラクターは
ヨガから遠ざかる可能性もある。


他の職業ももしかしたら一緒ですね。
ヨガを深めれば深めるほど。

ヨガをしながら
ヨガ的には生きれない環境に
苦しむ人も多いと思います。
朝夜逆転の生活をしてる人もいます。
体に悪いとされてるものを販売する人もいます。
摂取する人もいます。
お金を稼がないといけない人もいます。
皆色々あるわけです。

現代には現代ならではの役割が
ありますもんね。


皆それなりに苦しんでいたりします。

生きづらいっちゃ生きづらいよね。



今日は少しヨガ哲学の本を開きました。

"苦悩から自由へ"
人は悩む生き物と書いてありました。
だけどそこから自由になれる生き物なんだと。
悩み苦しみ続けることが本来の自分ではなくて
自由に生きる。自由だと気づくこと。
その為に知恵知り、知性を磨く。


それがヨガです。


完璧な世界は外にはなくて、
外で判断したらまぁ生きづらい。

私にとってこの世はそもそも生きづらかった。

ここに連れてこられて
神は何がしたいんだろ。
私は何でここにいるんだろ。 

そんな事を小さい頃からずっと
感じてました。


あっ。ちなみに
例えば家庭環境がダメだったとか
傷ついたトラウマがあるとか
そうゆう話ではないです。
家族はラブです。
イジメられてたとかでもないです。
現実的な目に見える話ではなく



ただただ
自分とは?
そんな事を考えていました。

自分の内側の世界を
うまく外に繋げれない苦しさが
あったような感じです。



ヨガに出会ってから
その辺の謎が解けていったのです。


内側と外側の不自由さみたいなところです。


きっとこれは
皆の中にあるんだなぁと思います。






私は
ヨガをしながらヨガインストラクターをする。
そんな気持ちでいたいとおもいました。

"ヨガをする"
それは資格をとるとか
説明が上手になるとか
有名になるとか
そういう事ではないです。


ビーガンになるとか
何かのポーズができるようになるとか
そういう事でもないです。



ヨガをする。
ヨガの追求を続ける。
スピリチュアルの追求。
それを私の内にいれること。

↑これが今はしっくりきます。



そして
大きな事は言えないけど…
ヨガインストラクターとして
ヨガを伝える人になれているのならば、
私自身がヨガ
になれたら、、皆をもっと救えるのかな。


大きすぎて大きな声では言えないです。
そしてその意味もあまりわかってないですが

そんな感覚がキマシタ。






私は
ヨガインストラクターになり
自分の役割を見つけることができ、
この世に来れてよかった〜!
と思えるようになりました音譜



辛いことも苦しいことも
私をつくるうえでのスパイス。
そしてそれらはまた別のタイミングで
時間がかかるときもあるけど
幸として、優しく訪れてくれます。




"ヨガインストラクター"として
その役割を一生懸命やっていく事
"ヨガをする事"
直接的にはイコールできないモヤが
あったりしますが、


でも必ず整うと信じて
皆を連れていけるように
ゆっくり自分を高めていきたいです。




これからも大事に
付き合っていこうと思いました♡




私と、皆の魂が自由に。・*・:♪
豊かに生きていけるように。・*・:♪



ナマステ。・*・:♪