こんばんは。

あみもの工房ami*amiです。

 

現在クラウドファンディング中のやさしいレッグウォーマーについてのお話です。

靴を履いたままつけられるレッグウォーマーで、足元から心まで温かくしたい!

IMG_20170919_053043_268.jpg

 

 

このレッグウォーマーは、元々登山好きな私が、「寒くても山をもっと楽しみたい。自然の中でコーヒーを飲んだり、まったり過ごしたい!」という思いから、登山靴を履いたままでも簡単に脱ぎ着が出来るレッグウォーマーを探したところ、どこにも売ってなかったので、「だったら作っちゃえ!」というのが始まりです。

 

普通のレッグウォーマーとどこが違うのかというと、

脚に巻きつけファスナーで開閉することで付け外しします(意匠権取得済)。

これだと、登山靴の靴ひもをほどいたり、結び直したりすることなく簡単に温度調整できるので便利です。

そして、このアイデアは、脚を動かせない車椅子の方も自分でつけることが出来ます。それにより、その介護をしている人の負担も減らすことが出来ます。

 

「誰にとっても親切で、簡単に使える」

つまりkind&easy

これがやさしいレッグウォーマーの名前の由来です。

 

車椅子の人が防寒のために毛布を使用した場合、毛布がずり落ちて車輪に絡まる可能性があります。

やさしいレッグウォーマーなら、そんな心配はなく、バッグに入るので持ち運びに便利、必要な時にさっと取り出せます。
また、これまでのレッグウォーマーを認知症の方は履かせようとすると、嫌がって足をバタバタさせることがあり、履かせづらいことが多かったそうです。

 靴を脱がせなくていいので、履かせやすくなりますし、 トイレなどでも、必要なタイミングで、靴を履いたままでも取り外しできるので、介護や介助をする人の負担を減らすことができます。

 

 

○毛布のようにずり落ちる心配がない→安心・安全

○バッグに入る大きさ→持ち運びに便利

○足を動かさなくてもつけられる→認知症の方に履かせやすい、必要なタイミングで簡単に付け外しできる、靴を履いていてもOK

 

また、ファスナーで2枚を繋ぎ合わせると、

腹巻、ショール、膝かけとしても使えるので、1足あるといろんな使い方ができます。

 

ちょっとのアイデアで、誰もが使いやすく、やさしさが詰まったレッグウォーマーを、必要な人に届けたいと思います。

 

ぜひ、ご支援よろしくお願いいたします。