車と女性と子供をこよなく愛する貴方へ。。。P.S.恋愛の勝ち組になってもらうために。。。 車と女性と子供をこよなく愛する貴方へ。。。P.S.恋愛の勝ち組になってもらうために。。。 車と女性と子供をこよなく愛する貴方へ。。。P.S.恋愛の勝ち組になってもらうために。。。 車と女性と子供をこよなく愛する貴方へ。。。P.S.恋愛の勝ち組になってもらうために。。。 車と女性と子供をこよなく愛する貴方へ。。。P.S.恋愛の勝ち組になってもらうために。。。 車と女性と子供をこよなく愛する貴方へ。。。P.S.恋愛の勝ち組になってもらうために。。。
読みは「シーアールジー」。
意味はルネッサンス・ゼロ。
来年2月に登場するスポーツハッチバックは、市販モデルもほぼこのまま登場することになる。
フロント周りの処理がアウディに似ていますね、とデザイナーに聞いてみたところ、「空力処理を詰めるとF1の技術を使うことになり、確かに似てきますね。」という回答。
従来クリーンで先進的というハイブリッド車のイメージではなく、ホンダならではの楽しさやキビキビ感を演出する色気のあるデザインを目指したといい、弾丸のようなフォルムで四隅にタイヤを踏ん張りつつ、ルーフへ向かって線を引くと、あのCR-Xのデザインとオーバーラップするのだという。
Cd値は非公表。
パワーユニットは1.5リッターi-VTECにIMAを組み合わせたハイブリッドシステムと6速MTの組み合わせ。
ただし、本日のプレスカンファレンスで、AT仕様も追加されることが確実となった。
つまりイメージ戦略ではMT、販売的にはATということになる。
インサイト発表時から予告されていたハイブリッドスポーツがいよいよ姿を見せる。
スタイリングは、バラードスポーツCR-X(~1998年)あたりをイメージさせるワンモーションスタイルのハッチバッククーペ。
低い全高・ショートホイールベース・ワイドトレッドで、居住空間も満足させるという。
全長4080×全幅1740×全高1350×ホイールベース 2435mmはインサイトより310mm短く、45mmワイドで、75mm低く、ホイールベースは115mm短い。
コンセプトモデルとはいえ、市販化直前とあってボディデザインの完成度は高く、逆スラントしたCピラーやアウディにも通じるF1ノーズ風のフロント処理などアイデアも満載。
インサイトシリーズにも受け継がれたリアハッチ垂直面のシースルー処理は1983年の初代から続くアイコンでもある。
インテリアは最新のホンダテイストを踏襲しつつ、オレンジ系のイルミネーションやステアリング左右にクラスターパネル状のサテライトスイッチを配置してスポーツ感を演出。
中心円に回転計を置き、バーグラフ状メーターでサンドイッチした計器類も楽しげだ。
1.5リッターi-VTECに、薄型ディスク形状の1モーターを組み合わせたシリーズハイブリッドのIMAシステムはインサイトと同様だが、トランスミッションにはハイブリッドカー初となる6速MTを組み合わせを提案。
果たして市販バージョンでもMTモデルが用意されるのか…2010年に登場する市販バージョンが楽しみだ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングアップにポチっとヨロシク(^^)/
ペタしてね
AD