岐阜県大垣市に引っ越して半年が過ぎた。
他所者だから気付くこともたくさんある。
そのひとつ。
 
とにかく、「鰻(うなぎ)」が美味しい。
店は、いろいろあるけれど、いろんな店が
美味しいラブ
 
しかも大垣だけじゃない、関ヶ原、関と
美味しい店がいっぱい。そんな話をすると、
「多治見にも美味しい店があるよ」
とか、みんな鰻自慢が始まる。
そのくらい美味しい店がいっぱいある。
なんで「鰻」がこんなに美味しいのか。
これは、文化かも・・・と、思った。
 
「鍛冶職人が重労働のスタミナをつける
ために食べていた」
「陶工も仕事がきつかったから、鰻を
食べてスタミナをつけていた」
「戦国武将も食べていたに違いない」
そんな話が出てくる、出てくる。
「水がきれいだから」
「琵琶湖も近いし・・・」
などと環境の話にもなる。
 
すべての話にかなり納得。そして、
鰻職人が、岐阜には、まだまだいる。
 
しかも、美味しい鰻が東京の半分
どころか3分の1の値段です。
鰻大好きなわたしは、すっかり
はまりました。
毎週、鰻食べてる。てへぺろ
 
今年も元気にやらせていただきます。
オンラインでも楽しんでいただけます。
  ↓ ↓ ↓

image