友人がコロナに罹って、入院。
彼は、50代独身のコンサルタント。
 
「仕事に差し障ったら嫌だから、
誰にも言わないで」
から始まった。感染経路は不明。
関西人のわたしはツッコミ。
 
「おねえさんのいる店に行った?」
「行ってない!」
 
最初は、そんなメッセージのやりとり。
 
「シーンとしている」
「いつまでここにいるんやろ」
と、不安なメッセージ。
「そのうち退院できるやろ」
と返信。
 
「だんだん弱ってきているのが分かる」
「死ぬかもしれない」
かなり弱気。彼の性格を分かっている
から、やっぱりボケとツッコミ。
 
「保険の受取人わたしにしておいて」
「なんでやねん!!」
 
こんなやり取りを数回。
彼は、無事退院して、仕事も復活。
image
その後、彼とご飯を食べた。
 
コロナに罹ったことよりも、
コロナに罹ったことを言えないことが
つらかった。

 

話す相手もなく、ひとりで病室で

悶々としているのがつらかった。

 

「大谷さんとのメールでかなり

救われたわ」

と、笑っていた。

 

先日、コロナに罹って自宅療養中の

女性が自死したニュースを見た。

コロナに罹った自分を責めていた。

 

「コロナに罹った」

と、言える世の中にしたい。

「お大事に」

「ちゃんと治療したらほとんどの人は

治るから治療に専念してね」

と、優しく言える世の中にしたい。

 

そして、できれば、素直に言える

友人を持つことも大切。

 

岐阜県の知事選挙は、明日。

1月24日です。そんなことも考えて

投票に行って欲しい。

 

オンラインで参加できます。

 ↓  ↓  ↓

image

国民民主党は、誰よりも国民の

声を聞く政党を目指します。