学生たちを見ていると、今は、売り手市場。
何社も内定をもらっていたりする。
 
一方で、50才代、リストラの嵐。
工場の閉鎖や、合併、吸収。
ネットに乗り遅れた会社もそう。
そんな企業からの研修のオファーが来る。
 
「気分を切り替えて、前向きになって欲しい」
「暗い会社の雰囲気を変えて欲しい」
 
仕事をもらえるのは、ありがたい。
そして、精一杯やらせていただく。
でも、その前に、同世代として、もう少し
危機感を持って、「自分の資産価値」を
上げる努力して欲しい。
 

 

 

企業の寿命が短くなっているのに、人生の寿命は、

伸びている。そして、定年イコール人生の終わり

じゃない。実際、わたしの周囲には、定年後も

ご活躍されている人がたくさんいる。定年後、

起業される人も多い。でも、そんな人たちは、

みんな50才前後から準備している。

 

 

最強の「定年後」 最強の「定年後」
1,430円
Amazon

 

わたしは、同年代に輝いて欲しい。

自分が今までやってきたことを活かして

講師になるという選択もある。

 

「講師になりたい」

 

と、わたしのところに来る人もいる。

けれど、60才から準備しても遅い。
せめて、50才から自分の棚卸して欲しい。
 
そんな思いでやらせていただいています。
  ↓ ↓ ↓