先週、吉本興業の件で、メディアに
ワイドショーを含め10本出ました。
「大谷さん、時の人だね」
と、言われるけれど、全然そんな
ことないです。
 
わたしのお客さんのほとんどは、
経営者やビジネスマン。
ワイドショー、見てないし・・・。
 
喜んでたのは、オンラインサロン
 
 
のメンバーくらい。
 

そして、世間の関心は、意外な

ところにあった。

 

「もっと、芸能界のこと知りたい」

「どんなビジネスモデルなんですか」

「どうやって、タレントを売るの

ですか?」

 

契約も仕掛け方もプロダクションに

よって違う。

たとえば、吉本興業などは、

「自分で這い上がってこい」

みたいなスタンスだけれど、ホリプロは、

子役などを預かるので、きちんと親にも

挨拶に行くという話を聞いたことがある。

 

吉本興業は、歩合制だけれど、

給与制のところもある。売れてきて

「歩合制にして欲しい」

と、言ったら、

「いいよ」

と、快諾してもらったものの、気づいたら

仕事がまったく入って来なくなっていた。

そんなかつてのアイドルの話を聞いたことも

ある。

 

5対5

「半分も持って行かれる」

と、言うけれど、売れてるタレントなら

営業などで、吉本が200万で売って100万

もらえたらりする。しかも、漫才30分で。

それは、今も変わらない。

しかも、20代で学歴が無くてもチャンスが

ある。自分の努力で勝ち取れる。

 

島田洋七さんが、漫才ブームの時、休みたくて

「漫才1本500万欲しい」

と、言ったら、

「わかった」

と、吉本が1000万で売っても、ガンガン

仕事が入ってきたらしい。

そんなエピソードを洋七さんが語ってくれた。

 

良くも悪くもこれが芸能界。

 

ミセスユニバース、元レースクィーン、探偵

経営者、元モデル、主婦、そんなメンバーで

楽しく盛り上げます。

 

おばちんサミット2019

 

申し込みは、こちら
 ↓ ↓ ↓

 

ちなみに、今のわたしの仕事のひとつが

講師育成、講師のブランディング。

こちらの業界もなかなか楽しいです。

売れっ子講師は、90分で30万、50万

もらえる世界だったりします。

芸能界と似ているかも・・・。