池井戸潤は、大好きでいっぱい
読んでる。
でも、特におもしろかった。
 
たぶん、舞台は、商工中金さん。
 
これ読んだら、商工中金のファンに
なるかもしれない。
やっぱり、発想がすごい。
 
ちなみに、池井戸さん、
三菱銀行を辞めた後、商工中金が
メインバンクの会社にいたことが
あるらしい。
だから、詳しいんだ・・・と、
勝手にナットク。
 

 

主人公たちのスケールが違う。

どちらかといえば、他の作品、

中小企業と銀行の話だったけれど、

なんか、もっと、大きい。

何よりも、

 

「バンカー」がテーマ。

「銀行員」じゃない。

そこが魅力的。

 

バンカーって、やっぱりかっこいい!

 

そう感じさせてくれる。

 

 
こんなバンカーの夢とロマンを
語ってくれる人、出て欲しい。
 
 
そんなことも思った。
 
仕事で、銀行の行員メンバーに
話す機会も多い。テーマは、
モチベーションマネジメントや
メンタルヘルスが主流。
でも、こんなバンカーの話が
できたら素敵だろうなあ。
 
「稟議書」にこんな奥深さが
あったんだ。実際に、わたしは、
かつて、大和銀行の担当者が
書いてくれた稟議書で救われた。
阪神大震災の後、わたしを救って
くれた彼は、バンカーだった。
 
ぜったい、銀行で働く人には
読んで欲しい一冊。