上海での学びと誓い

テーマ:
今年、最初の海外は上海。
とにかく、年明けは、情報収集です。
2泊3日で行ってきました。
 
最初にお話を伺ったのは、日本への
留学生を斡旋している会社の張氏の
話でした。
 
中国の受験戦争の話などももちろん
興味深かったけれど、留学生の半分
近くは、そのまま日本企業に就職する
などして日本に留まっているという話、
すごく興味深かった。
 
夜は、上海で活躍する中小企業士
メンバーとお食事会。
 
中国では、文房具が大ブレイク中。
コクヨさんは、バブル期並みに
好調らしいです。
 
 
2日目は、上海蟹にマッサージも
堪能。そして、わたしの今回の
メイン。
 
中国でベスト10に入る法律事務所
仲間とわたしの仲間とのお食事会。
 
孟先生は、日本と中国を行ったり
来たり。もちろん、日本の大手
企業の契約の仕事などもされています。
 
わたしなんかより、はるかにきれいな
日本語を話されます。
そして、中国で活躍されている
コンサルタントや、旅行会社の
メンバーも誘ってくださいました。
 
いつも、わたしのことを気にかけて
くださいます。なのに、わたしは、
まったく恩返しできていない。
いつも情報をもらうばかり。でも、
先生は、おっしゃってくださいます。
 
「日本と中国の架け橋になりたい」
 
この言葉を聞くたびに、グッときます。
 
2019年もたくさんの場所に講演に
行かせていただきます。
海外のいろんな情報を届けたい。
 
何よりも世界が平和で人々がイキイキと
生きて行ける世の中にしたい。
 
今年最初にはまったのは、
福沢諭吉でした。
上海空港で見つけて、はまって、
バックナンバーを取り寄せています。
こう生きたい!