伝えるから伝わる

テーマ:

どんなに良い話をしても、どんなに良い

ことを言っていても、相手が聞いて

くれなければ時間の無駄。相手が感じて

動いてくれなければ徒労に終わる。

だからこそ、表現することが大切。

講演も表現のひとつ。

 

どう表現すれば伝わるか

どう加工すれば聴きやすくなるか

伝わるということはどういうことか

 

とことん追求してやらせていただきます。

 

伝わるリーダーになるための1day講座

4月26日に開催です。

  ↓ ↓ ↓

https://www.shienjuku.com/event/archives/2018/04/18449.html

 

伝えたいことがあるなら伝わることが大切。

わたしは、そう思っている。

 

「大谷さん、パワーポイントを使わないの?」

よく尋ねられる。

「パワーポイント、使えない」

と、思っている人もいる。

使えないんじゃなくて使わない。

 

だからと言って使う人を否定していない。

見せたい写真やシーンがあるなら、あくまでも

演出として使うのはいい。

でも、パワーポイントに頼ってしまうと

説明になる。説明では、勉強になっても

人の心は動かない。

 

「説明したいのか、感動させたいのかどっち?」

と、わたしは尋ねる。

 

わたしは、言葉にこだわっている。

心の元気にこだわっている。

だから、パワーポイントを使わない。

伝わる言葉を探して、伝わる言葉で話すことに

比重を置いている。

 

ヒトラーも坂本龍馬もパワーポイントなんて

使っていない。自分の言葉で語り、人を惹きつけて

巻き込んだ。