寛政十二年二月二十一日、1800年3月16日、光格天皇の第六皇子として恵仁(あやひと)親王が誕生されました。後の仁考天皇、幕末の天皇として有名な孝明天皇の父君です。

 

 

 

最近注目されるようになってきた光格天皇と、幕末といえば孝明天皇の間にいらっしゃって目立ちませんが、この仁考天皇は御在位が二十九年と一定期間あり、また幕末に繋がる数々の事件は実は仁考天皇の時代に起きていることが多くあり、仁考天皇の時代は既に幕末の激動の時代に突入しているといっても過言ではない、そんな時代の天皇です。

 

 

シーボルト事件、大塩平八郎の乱、清でのアヘン戦争等、みなこの期間に起きたことです。

 

 

そしてそんな頃に16歳という年齢で父帝の崩御により即位された孝明天皇が、わずか20年の御在位であのような存在感を出せたというのは、やはりその前の仁考天皇が光格天皇の御意思を継がれて朝儀復興に尽力され、また皇族や公家の子弟のための教育機関を設置するよう働いたことも大きいかと思います。

 

 

明治天皇についての本が多くありますが、そこには明治天皇が孝明天皇からいかに和歌の手ほどきを受けたかが書かれています。奇しくも明治天皇も16歳で父帝の崩御により即位されましたが、その教育をされた孝明天皇の描写から、仁考天皇の教育も見えてくるといつも思うのです。

 

 

教育やしつけが重要である事はいつの時代も変わりません。だからこそ子供のために、親や国を良くしようとする人は教育をしっかりさせようとしますし、国を破壊したい人は教育機関を破壊し教育者を攻撃します。歴史的にもそうしたことが行われてきました。カンボジアでは教育を受けた人達が虐殺されたのは有名です。その昔植民地が世界中にあった時、植民地の人達が教育をされることはありませんでした。教育により人々が賢くなって独立されては困るからです。

 

 

併合政策等を行った我が国が、朝鮮や台湾またパラオなどで教育機関を整え教育を行い、自立自営を教えたのと、人々の教育を奪ったままの植民地とは大きな違いがあります。

 

 

そして教育が重要だからこそ、危うくしようとするそれが顕著に表れたのが、終戦後の日本で行われたウォーギルドインフォメーションプログラムでのGHQの政策です。我が国では今でも教育をちゃんとしようとすると、それが全うできない、あるいは教育機関に変な輩が入り込み、教科書が子供達の自尊心を奪ったり誇りを失うような記述が多いような異様な状態からも現在の日本の状況がわかりやすいかと思います。

 

 

仁考天皇が計画され、孝明天皇時代に設置され講義が始まった学問所は「学習院」との名前が下賜されました。現在も学習院大学は一貫教育を行う機関として日本では知られていますが、これは明治天皇が東京に遷られた後開設された学問所に、京都時代から継承して同じ名前をつけられたところから始まったものです。

 

 

この学問所には、光格天皇の御意思を継続された仁考天皇、そしてそれを実行された孝明天皇、そしてそれを引き継がれた明治天皇の教育への想いが込められているのです。

 

 

そして仁考天皇の皇孫であられる明治天皇が、国民のために下賜されたのが教育勅語です。全て繋がっているのです。

 

 

 

 

 

その学習院も最近の教育環境は良くないと聞いています。幕末の御歴代の天皇の御意思によってできた教育機関がどうしてしまったんだ?とは思いますが、そういう学校だからこそ、変な人達に狙われ入り込まれているとか思えません・・・。