先日東京スカイツリーに鯉のぼりのニュースがありました。

 

 

鯉のぼりは今の時期限定の風景ですよね。

 

もうすぐGWですから、皆さん色々なご予定を立てているかと思いますが、この時期は端午の節句はもちろん初夏の祭りの時期でもありますので是非神社へのお参りも予定に加えて頂けたらと思います。

 

昨年も書いた「端午の節句には神社でお祓いしよう」の閲覧が一時期増えていたのですが、今からでも予定に加えて頂けたら幸いです。

 

先日は、天皇陛下が種もみをまかれたニュースがありました。

 

天皇陛下の御田植は5月下旬頃のご予定ですが、日本中で田植えを控えそのためのお祭りが行われるのがこの時期です。

 

 

端午の節句は田植えに先立ち、田の神に豊穣を祈る行事として行われていました。田植えに来臨する神を迎えるため早乙女は巫女となり、 菖蒲や蓬で葺いた屋根の下、敷き詰めた香り高い草の上で一晩を過ごし、翌日の田植えに備えて身を清めたのです。

それが鎌倉時代に、菖蒲が尚武に通じるという縁起から、武士が端午の節句に流鏑馬などの行事を行うようになりました。鹿島神宮では五月一日が御田植祭と流鏑馬の日ですが、ここからきています。

 

三月三日が女の子の日、五月五日は男の子の日となっていますが、実はその両方ともに男女に関係なく身を浄め祓ったことが由来の日ですから、是非この日には神社にお参りしてほしいと思います。

曲水の宴・・・お雛様の始まり

 

 

お祭りの一例↓是非お近くの神社のお祭りを見てみて下さい\(^o^)/
くらやみ祭の大國魂神社 4/30~5/6
京都藤森神社の藤森祭 5/1~5/5
鹿島神宮の御田植祭・流鏑馬神事 5/1

5/5には子供の日祭もあります
明治神宮の春の大祭 5/2~5/3

5/5 こいのぼり子供大会と御衣祭

築地の波除け神社端午の節句祭

春日大社の菖蒲祭

鶴岡八幡宮の菖蒲祭

石清水八幡宮の菖蒲祭