良性。悪性。境界悪性。

テーマ:

運命の診断が出るまでにあった事や

思った事を、少しだけ書き残させて下さい(。>д人)

 

 

 

卵巣癌について調べていた時

 

卵巣腫瘍には

良性と悪性だけじゃなく、中間的な悪性度である境界悪性があり

良性ではないが悪性度は高く無いと

 

 

卵巣癌は手術で取り出してから

病理検査にかけるまで正確な診断はできません

手術をしないと分からないなんて辛いですよねー…(T皿T)

 

 

私の場合

もう、、初診の時点で

奇跡でも起きない限り

良性の望みはなくなった

(「悪性の可能性が高い」と告げられましたからね。。)

けれど

ガンじゃない

境界悪性なら、、子宮・卵巣(片側)は残せるのかな…と、

 

 

 

 

 

 

 

そこで境界悪性について調べると

 

基本的には、境界悪性でも

再発の可能性があるので全摘出になるのですが。

ガン細胞が(片側の)腫瘍内に留まっていて

年齢が若い場合、主治医と相談し

残す事も可能であると。

 

 

相手もいなけりゃ、何もないんですけれど…

 

子供が生めるチャンスは限りなく低いですけど。。

 

全摘出しても問題ないかもしれないけれど

(体調などを思うと問題有りですが)

 

なんとなく

失いたくはないなって…

 

 

 

悪性ではない

境界悪性だった場合でも

状態や主治医の判断によりますが

抗がん剤をする事もあるとか。

ステージⅠ期であれば(状態などにもよるかもしれませんが)抗がん剤を行わない場合もあるようです。

 

 

境界悪性でも全部摘出するのか…

結局、摘出するしかないのか…と

クラクラして

境界悪性で調べるのを止めました。。チーン

 

 

 

 

 

 

卵巣腫瘍は8~9割りは良性の可能性が高いのに

沈黙の臓器(サイレントキラー)だからか

進行しないと気付かないんだもんな。。

 

一年前の今日、

人生初の産婦人科を受診した後だけど…

 

もう少し早く病院受診していたら結果は変わっていたのかな?…

なんて考えてしまいます

 

でも

病院キライだから

多分、、目に見える症状が出てこなければ

もっと放置していたかもしれないなぁ…(´тωт`)。゚

 

 

この時よく考えていたのは

 

命を優先するべきだけど

女性の部分を取ったら私に何か価値あるの…?

 

生きてて辛くならない…??

 

って思ったなぁ。。

 

 

 

 

 

若いうち(閉経前)に卵巣摘出をすると更年期症状が早く訪れ、骨粗しょう症にもなる恐れがあるので出来るだけ残すようにするそうです。しかし、状態などによって再発のリスクもあるので主治医の判断にもよります。

妊娠が可能な年齢で、妊娠への強い希望があり、再発のリスクも十分理解し、しっかりと経過観察を続ければ「妊孕性温存手術」が可能だそうです。

ちなみに、適齢期を越え高齢出産になるであろう私には「妊孕性温存手術」の事は一切説明されませんでしたー…相手も居ないしなー( ̄▽ ̄)あぁ。つらい。

しかし、妊孕性の温存は高額な費用がかかるので勧められてもお断りしてたな…。。涙

これが、そんなに高くなければ良いのに…高額すぎて諦めた方々もいたんじゃないのかなぁ。