現状





     再診日が来ました




    すっかり秋めいて落ち葉が目立ちます




    此処、東大附属動物医療センターは




    学校(農学部)の敷地内ですから




    緑が沢山、落ち葉もキレイ




    あっ ゴメンゴメン




    ドキドキ  ブルブル  のエフ




    抱っこをするとアメシュワの左腕に




    ギュとしがみつき




    大きな目を更に大きくし




    我慢をして待ちます




  ほぼ1か月の様子 を 質問式に




    お伝えしていきます→
  血尿有無、食事面、胃腸、体重測定 3.68kg



    いつもこの時間は女医さんが担当です




    そして2時間弱、検査の為お預けします




    優しく抱っこをするM女医さん




    アメシュワとあにらいつ代表は




    その間、ランチ・・




    今日は、学食にしよう!




    メイン、ご飯、味噌汁、サラダ、ケーキ
                                                ¥700程度
                                  



    お腹いっぱ〜い




 メインにもキャベツの千切りが付いているので




    サラダは無しでも良かったかも!




    学食の安さと、懐かしさを覚えました




    食べながら最近のルーナの話をしました
    




    ルーナも あにらいつ 卒ワンコです












   動画通り、
      目覚めにボーっと何分も立ったまま




    まるで、ハシビロコウ のよう




    また、右旋回をいつまでもします




    可哀想になり
      大好きなドームタイプのベッドに




    入れると直ぐに落ちつく事




    トイレや階段の認識は出来る




    そんなルーナの診察結果は




    痴呆だろうということ!




    もっと詳しく知るにはMR検査になり




    それには、麻酔が必要であり




    その麻酔のアレルギー検査もあるようで




    心配していた 水痘症 の可能性は




    低いようですし




    痴呆とうまく付き合っていこうと思う事




    そんなお話をしました




    あにらいつ代表の愛犬も1?歳




    共通点があるようです




   老犬あるある話で




   あっという間の2時間でした




    さて、エフの検査結果ですが、




    ●膀胱癌→ほぼ変化無し 縦横1ミリの誤差




    ●リンパ節→若干小さくなっている




    ●肺の転移無し




    ●乳腺腫瘍、脇の下→誤差の範囲




    ●事前説明通り、肝臓数値ALPが上がり
                                    →ウルソ処方




   ●炎症cCRPも高くなる
                          →どの部分の炎症なのかは?




    こちら検査結果は男性M医です




    ウルソ処方となりましたが




    副作用も治まり体重も300gも増えたので




    吐止めセレニアを




    一旦やめて様子をみています




    今現在、食べたいモノが変わり




    蒸かし芋→柿のようです




    老犬あるあると




    上手に付き合うアメシュワ家です




    元気は変わらずニコニコだよ










    お茶目なエフに癒されてます