大富豪の庭であらいぐまラスカルの謎がとけた | 4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」
新型コロナウイルスに関する情報について

大富豪の庭であらいぐまラスカルの謎がとけた

大富豪のお庭巡り、今日で最終回です。

 

ヘンリー・ハンティントンと妻のアラベラは同い年。

それぞれが配偶者を亡くした後、63歳の時に再婚&再再婚しました。

 

 

二人が住んだお宅が、こちら。

↑鳥の声が平和・・というかけっこうるさいヨ爆笑

 

 

うお!!「家」の中央部分しか写真に入らぬ。

 

 

なにこのオホホホホテルまるごと一軒が自宅なんですの的な!?びっくり

 

 

そいでもって

 

門柱みたいにすえられたこの彫刻・・

 

 

 

↑↑怖えっ!

猟犬に襲いかかられる鹿やイノシシの痛み苦しみが生々しいっ!!ゲッソリ

 

 

そう、ハンティントンはハンター・トン。

 つまり「猟師の丘」という意味のお名前なのです。

 

・・にゃ にゃるほど・・・もぐもぐもぐもぐ

 

 

 

さて、74歳でこの世を去ったアラベラ・ハンティントン。

妻を追うように、ヘンリーも3年後の1927年に亡くなりました。ショボーン

 

その翌年、このお屋敷を使ってそそくさと滝汗オープンしたのが、18世紀イギリス美術コレクションのハンティントン・アート・ギャラリーなのです!!

 

 

コロナで現在は入れない中の様子は公式HPの

 

↑ダイニングテーブル、廊下、階段、壁につくりつけた書棚など・・

いかにもアメリカ大富豪ぷほー!!(って何だ)

 

 

 

さてさてところで

 

ヘンリー&アラベラご夫婦の生涯についてウィキペディアを読んでいたら

 

アラベラの亡夫は、ヘンリーの叔父(か伯父)さん。この叔父さんは「ビッグ4」と呼ばれたアメリカの鉄道王で、彼亡きあと、アラベラさんはその甥っ子と結婚されたのです。

 

そしてじつは、アラベラの実妹(か姉)はその叔父さんの養女でもあった。

 

つまり、ヘンリーとアラベラは血はつながっていないけれど、アメリカ大富豪華麗なる一族「内の」ご交際&ご婚姻キラキラって感じだったのでしょうか。

 

 

 

、、で 真顔

 

この「内の」のところでわたくしフト思ったんですけど

 

日本だと、婚姻届けを出したら役所の人がそれぞれの戸籍を見て、結婚できる親等などかどうかも確認します。

 

でも、そういう戸籍制度がないアメリカで、例えばあるカップルに子供ができて、自分たちのことを隠してその子たちを養子に出してしまったら、追跡が難しい。

 

例えば、ボブの姉は、赤ちゃんの時にもらわれてきた養女です。

養女だということはボブの家では永遠の秘密とされてきて、悪意の第三者によって突然ばらされてしまったのだけど

 

 

実の親のことは姉自身が調べてみて、DNAテストが普及し血縁探しもできるようになったわりと最近、ようやくわかったのです。(ボブの両親とは何の関係も面識もない、赤の他人でした)

 

 

アメリカでは、いとこ同士の婚姻さえ多くの州で禁止されているそうですが、戸籍制度がないこの国で、じつは実のきょうだい(や異母きょうだい、異父きょうだい)が結婚しても、誰にもわからない可能性が日本よりずっと高いのではないか・・・

 

 

そんなことを、ちょいと考えてしまったのでした。ニコ

 

 

 

 

さてさてさてさて。

庭巡り庭巡り。

 

 

砂漠庭園の入り口です。

 

 

ノースビスタ・椿庭園の入り口です。

 

 

って「入り口」「入り口」で済ませちゃったよ‼︎

ガーンガーンガーン

 

 

だって私たち、くそあっつい日盛りにマスクで歩き回るはお腹は減るは

 

近くに他家族がいない時にはマスクをずらして息をしたり、持参したスポーツ飲料を飲んだりしたものの・・・・

 

 

↑たったの黄色いマーカー部分しか歩けませんでしたっ!!びっくりガーンガーン

 

 

 

 

真顔ところでですね皆さん

 

というか「あらいぐまラスカル」というアニメをご存知の皆さま照れ

 

 

しみじみ泣けてくるあのエンディングテーマの2番

 

 

♫  おいで きょうも ラスカル

ぼくのひざへ
おぼえているかい
はじめての みずあそびを
きみは うれしそうに
きみは うれしそうに
なみとあそんだ
いけゆりの はなを ゆらして♫

 

 

この「いけゆり」・・

 

私は子供だった当時からごく自然に「池に咲いてるゆりみたいな花」のイメージだったんです。

 

大人になってからも、何かこうホテイアオイとかスイレン的な花の、古風というか優雅な、詩的な呼び方だと思っていて・・

 

 

それでネットを見たら

けっこう謎扱いになってるのに逆に驚いた。ガーンガーンガーン

 

 

 

この答え、ハンティントンにありました。爆笑

 

 

↑ リリー・ポンド。ゆりの池。

 

そこに咲くのは睡蓮(すいれん)の花っ!!

 

睡蓮の英語はwater lily(ウオーター・リリー)ですが、ハンティントンの「ゆりの池」が睡蓮の花の池ならば

 

これはもう、いけゆりイコール睡蓮ですよね!?爆  笑

 

ラスカルの歌も

 

♫すいれんの花をゆらして

 

より英語っぽく「みずゆり」、いやそれよりも

 

「いけゆり」の方が音感があたたかくて、水底が暗く静かな池や、森の風景まで見えてくる・・

 

 

そんな作詞者のセンスを感じると思うのですが、いかがでしょうか。

 

 

 

 

というわけで最後にお約束のギフトショップでお土産ゲット・・

 

ガーンやっぱり人数制限&ソーシャルディスタンスしてました!!

 

 

回転を早くするためボブと私だけが入場することにして、ギフトショップ横の椅子で待つ子↓

 

 

ワイン用のブドウが実ってました。

 

 

そして買ったお土産は

 

 

ハンティントン布マスク!!

 

 

 さらにマスク!!マスクったらマスクっ!!

 

 

滝汗21世紀コロナ時代のハンティントンの思い出だよ〜

 

 

 

というか、この急性コロナ禍が過ぎても布マスクや手洗いは引き続き残っていくのだろうな、、

 

 

 

 

 

↓応援のおたっぷをいただけると幸せます(うれしいですの山口弁ですいのニコニコ)