特急で結婚 | 4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」
2018-04-25 00:00:24

特急で結婚

テーマ:自然、生きもの

 

いやいやいや・・

幼虫だったんですねー あのコワイの。

 

こちら、放虫の瞬間。

りすきっつあんの手↑

(「使える子だわー」 by奥様)

 

心の中のとはちょっと違うけど、イケてます!!

 

・・・・・・・・・・これがテントウムシでよかった・・・・・・

 

 

えー、たとえばナナホシテントウの寿命は、生まれた季節により越冬すると違ってきますが、だいたい二ヶ月くらいだそうです。

えさがあれば、一ヶ月くらい卵を産み続ける。

ただし、人工のえさでは成虫にはなるけれど、卵は産まないということです。

(「テントウムシの上手な飼いかた」 作成:農山漁村文化協会 協力:玉川大学昆虫学研究室 より)

 

つまりだ。

箱に閉じ込められ、人工のえさで暮らしていた間、結婚できなかったんだ・・・・

 

放虫した時、箱の底にはすでに死んだテントウムシがけっこういました。

 

ご、ごめんよ 間に合わなくてっっ!!

 

生き残ったみんなは、どうか幸せに長生きしてねっ!!

 

 

 

↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

明子HS 4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス