バンクシーの絵がシュレッダーに! そして彼の映画 | Tamaの映画生活

Tamaの映画生活

ヒューマンドラマ、ドキュメンタリーが好き、試写会も観ます。
★★★★★ ぜひ、もう一度観たい!
★★★★ 機会があれば、もう一度観たい
★★★ 良かったけれど、もう1回は観なくていいかな
★★ 私好みではなかった…
★ 私の時間を返して!


テーマ:

サザビーズでオークションにかけられた、覆面作家バンクシーの絵が、
1億5500万円で落札されたとたんに、スルスルと額縁から下がって、
半分までがシュレッダーで縦に裁断、ひらひら。

以下ニュース
https://www.asahi.com/articles/ASLB76FLMLB7UHBI02T.html

これがその様子。テレビニュースを見損ねた方は、ぜひ見て! 
シュレッダーを仕掛けているところと、
裁断されて皆が驚いているところ。そりゃびっくりするでしょう!

 

https://www.youtube.com/watch?v=2iGEMwRJT7c

 

これは、「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」のドキュメンタリーの日記。

https://ameblo.jp/ameoyoyo/entry-12143535161.html
ニューヨークに来たバンクシーが、神出鬼没、絵を描いていくと、
気づいた人がツイッターにのせ、人々がその場所に押し掛ける。
私はこの映画でバンクシーを知って、とても面白かった。

予告編

 

 



これは彼が監修した「ディズマランド」 ディズニーランドの皮肉。
訪問記を先に読むほうがいい。 https://casabrutus.com/art/15581/8
こちらは公式サイト、36枚の写真。http://dismaland.co.uk/

 

お店などで働くスタッフたちが、ご本家と違って、

全員不愛想というのが笑える。


バンクシー自身が監督したドキュメンタリー、
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」

 


 

 

バンクシーに群がる人々を皮肉った「セービング・バンクシー」

 

 

 

バンクシーは権威・権力に対して、抗議の姿勢をとっている。
絵の裁断も、自分の絵がオークションで権威付けされることを、
おちょくって、自らの絵に仕掛けたいたずらなのだろう。

ところで、裁断された絵は、裁断されたことで値が上がり、
約2倍の3億円になるのではないかという話が出ている。

もしそうなら…反権力のバンクシーの勝ち?
それとも権威付けのサザビーズの勝ち? どっちなのだろうね?

Tamaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス