「検察側の罪人」 それぞれの正義? | Tamaの映画生活

Tamaの映画生活

ヒューマンドラマ、ドキュメンタリーが好き、試写会も観ます。
★★★★★ ぜひ、もう一度観たい!
★★★★ 機会があれば、もう一度観たい
★★★ 良かったけれど、もう1回は観なくていいかな
★★ 私好みではなかった…
★ 私の時間を返して!


テーマ:

「邦画をあまり見ないが、これは良かった」
というお勧めで、期待のもとに観たのだけれど、
まるで整理できてないんじゃない? 

「検察側の罪人」 ★★★☆☆

 

http://kensatsugawa-movie.jp

エリート検事最上(木村拓哉)と新米検事沖野(二宮和也)は
下町で起きた殺人事件を追う。ともに働く検察事務官の
橘(吉高由里子)は、別の目的を持っていた。

捜査線上に浮かびあがってきた松倉は否認する。
松倉は、少年時代に殺人事件を起こし、少年院に行っている。

その後、最上の学生時代の仲間だった少女の殺人事件でも、
疑われていた。しかし決定的証拠に欠け、事件は時効。
最上は松倉を追い詰めて吐かせろと沖野に命じる。

橘の役割はまだいい。だが、最上の友人の代議士の丹野や、
増して宗教じみたその妻や、大物弁護士など、
いろいろ詰め込み過ぎ。
何の意味を持たせたかったのか。私には読めなかった。
社会はそうしたもの…なら十分に表せてないのでは。

最上の暴走、それに気づいていく沖野。
検事も人間。人間だから過ちも罪も犯す。

物語はそこからではないか…と思うところで終わる。
シンプルにその罪を破滅まで掘り下げて描けなかったものか。

原作は本だから緻密に書けるが、2時間では突っ込みすぎちゃいけない。

冒頭の都市の映像は面白く、俳優たちは熱演ではあった。
問題は台本か。ここまではないでしょ?と思わせちゃいけないでしょ。

でも、ひょっとすると警察とは近しくないからそう思うだけ?
だとしたら、怖い映画なのかも。

Tamaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス