引き寄せコーチの講話

引き寄せコーチの講話

幸運体質への解放

NEW !
テーマ:

 

この道具は何が出来る物なのか?

 

その特徴を理解しておくことは非常に重要です。

 

要するに、自分が何処まで出来るのか?

 

その力量を勘違いしていると、痛い目に遭うとかですね。

 

悪い奴に追われていて、ビルの屋上に逃げてきたものの、逃げ道が無くなった。

 

こうなったら、隣のビルに飛び移るしかない。

 

しかし、距離はざっと見積もっても、10メートル。

 

俺なら出来る!!

 

 

つまり、引き寄せの法則も、どういう限界があるのかを理解していないと、使いこなせないという事です。

 

結局、どこまで出来るのかしら?

 

そして、引き寄せの法則を研究し始めるのです。

 

色んな本を読みあさり、世界中の引き寄せ実践者の体験談を聞き。

 

なるほど、引き寄せの法則は、ここまで出来るんだ!!

 

ワクワク!!

 

じゃあ、私も同じ物を引き寄せるぞッ!!

 

そして、絶望するのです。

 

あれ、おかしいな……、引き寄せの法則では、ここまで出来たという、実例があるんだけどなぁ。

 

となります。

 

引き寄せの法則とは、何か?

 

そういう『アプリ』があって、自分にインストールする物だと思うと、こういう間違いをおかします。

 

 

引き寄せの法則は、もともと自分の中にあります。

 

というか、『自分自身』です。

 

つまり、研究対象は『外側』にはありません。

 

すべて『内側』にあります。

 

限界は『自分がどこまでを望んでいるのか?』に他なりません。

 

他人がここまですごい事を引き寄せた!!という話しがあったとしたら、それは、その人が『そこまで、望んでいた』というだけなのです。

 

そして、もう一つ重要な限界を言います。

 

引き寄せの法則は、外側にはありませんと言いました。

 

だけど、あえて外側にある物と仮定して、つまり誰にでも当てはまる『法則』として解説します。

 

その方が、ここに関しては分かりやすいからです。

 

では、言います。

 

引き寄せの法則で、意識しておかなければいけない限界は、いついかなる時も『段飛ばし』は出来ないと言う限界です。

 

 

これは、誰にでも共通する、引き寄せの限界です。

 

つまり、階段だとすると、『私は10段目まで登る!』と引き寄せます。

 

すると、次の段が10段目になるわけではありません。

 

今が1段目であれば、2段目がやってくるのです。

 

後は、流れに沿って登っていけば良いのです。

 

『なんだ、そんな物かって思わないで下さいね』

 

引き寄せを実践していない時は、2段目どころか、そもそも『チャンス自体』がやってこない訳ですからね。

 

そもそも、勝負自体させて貰えない訳です。

 

勝ち負け以前の問題なのです。

 

面接以前に、書類選考で落とされるみたいな物だと思って下さい。

 

あなたには会う価値もありません。と何十社もの企業から言われ続ける様なものなのです。

 

 

しかし、引き寄せを実践すると、しっかりと面接に足を踏み入れられる空間が自分の人生にやってくるという事なのです。

 

結婚の願望で言えばもうちょっと分かりやすいかも知れませんね。

 

結婚したい場合は、当然、出会って2秒後に婚姻届を提出している訳ではありません。

 

恋愛関係に至れる人物との出会いがもたらされる訳ですね。

 

このように言われれば、それはそうだろうと誰でも思えるのですが、引き寄せの実践に入った瞬間に、この『出会って2秒後に婚姻届を提出』している状況に近い事をイメージし始めます。

 

そうすると、引き寄せの法則の持つ性能の『限界』を超えた、『設定』をしているので、永遠に引き寄せられないシンドロームにかかってしまいます。

 

180キロしか出ない車で、本気で280キロ出そうとしている訳です。

 

『性能』と『限界』を良く理解したうえで、その能力を限界まで有効活用して発揮させる。

 

引き寄せの法則との付き合い方を、そういう風に捉えると、全てが流れ始めるように上手く行き始めます。

 

 


テーマ:

 

潜在意識を書き換える。

 

正直、書き換えること自体は、そこまで難しい事ではありません。

 

人に寄りますが、それでも、どちらかと言えば、簡単な部類に入ると思われます。

 

難しいのは、書き換えた潜在意識を『維持』する事です。

 

難しいと言いましたが、ハッキリ言います。

 

『不可能』です。

 

つまり、潜在意識を書き換えた。

 

『最近、なんか良い感じ-!』

 

で、その願望が叶う直前で、潜在意識が元に戻り、頓挫。

 

『やっぱり嘘だー!』

 

と成る訳です。

 

つまり、『ピン止め』つまり固定しなくてはいけないわけです。

 

 

潜在意識の書き換えは、比較的簡単だと言いました。

 

という事はです。

 

逆に言えば、戻りやすい訳です。

 

形状記憶合金で出来たメガネフレームみたいな物で、グニャグニャにするのは簡単なんですが、放っておくと、すぐ元の形に戻ってしまいます。

 

ここで、重要な知識は、自分の潜在意識、いわゆる波動が、どういう仕組みで出来上がっているのか?なんです。

 

歌手がコンサートを開くようなステージがあります。

 

 

照明さんが、ステージに、赤いスポットライトを当てました。

 

レーザー光線の様に空間を切り裂いた光は、ステージに到達すると、赤く丸い痕跡を映し出します。

 

次に照明Bが、反対側から青いスポットライトを重ねます。

 

そうすると、赤い光線、と青い光線が、ステージに交差しますよね。

 

そして、重なった中心の円の部分は、紫色になります。

 

この紫色が、あなたの『潜在意識』であり『波動』です。

 

 

つまり、何が言いたいかというと、潜在意識って自分じゃ無いんですね!

 

大事な事なので繰り返します。

 

潜在意識って、自分じゃ無いんです!!

 

Aさんが、赤いライトを私に照らしてます。

 

Bさんが、青いライトを私に照らしてます。

 

紫の潜在意識が私に生まれました。

 

このライトが無数に重なって、生まれている色が自分の『潜在意識』なんです。

 

どこかのライトが入れ替われば、中心の色は若干変わります。

 

全部のライトが消えれば、潜在意識は消滅します。

 

つまり、潜在意識の本体は自分の中にはありません。

 

潜在意識は『影』であり、本体は外側にあります。

 

ライトを変える事なく、中心の光の色を変えようとしても、不可能だという事です。

 

本体じゃ無いからです。

 

赤いライトは当たっているけれども、一時的に手をかざして、光を遮断。

 

一部分を青くする。

 

それが、普段、私達がやっている書き換え方です。

 

しかし、大元のライトは照り続けているので、延々と手をかざし続けるのは不可能です。

 

なので、すぐに戻ってしまいます。

 

自分に関係のある全ての物が、あなたに向けてそれぞれの色の光を照射しています。

 

 

それを四方八方から受けたあなたの中心が、独特の色を作るわけです。

 

それが潜在意識です。

 

つまり潜在意識を本当に書き換えるというのは、

 

その光の照射元の『コンセントを抜いていく』作業なんです。

 

本質的には、『光を増やす』という作業よりも、『コンセントを抜く作業』の方が大事なんです。

 

 

なぜなら、色は重なるほどに、黒に向って行くからです。

 

減らせば減らすほど、綺麗な色になります。

 

赤になりたいのならば、出来るだけ『赤が残る様に』余計な光の照射元のコンセントを抜きまくる必要があります。

 

青になりたいのならば、出来るだけ『青が残る様に』余計な光の照射元のコンセントを抜きまくる必要があります。

 

潜在意識を書き換える時に、肝に銘じなければいけない事は、

 

『潜在意識は、結果であって、原因では無い』という一言です。

 

重要な事です。

 

『潜在意識は、結果であって、原因では無い』

 

私達の普段のやり方は、結果に対して手を加えようとします。

 

しかし、原因が残っていれば、時間差でまた同じ状況が結果に反映されてきます。

 

それが理解出来れば、もう二度と潜在意識が元に戻る事はなくなります。

 

そして、新しい人生へと本当の意味で入っていけるのです。

 


テーマ:

 

良い事に『拒絶反応』を示す人がいます。

 

 

分かっています。

 

『人の価値観はそれぞれです』

 

私にとって良い事でも、あの人にとっては悪い事。

 

それは、当然です。

 

しかし、それを前提においてもなお、どう考えても、自分から進んで不幸にまっしぐらしている人が居るのは、皆さん、同意できる所では無いでしょうか?

 

 

友人の中に1人ぐらい居たりする事もあるかもしれません。

 

いわゆるトラブルメーカー的な方に多い現象かもしれません。

 

その人は『右』に行きたいって話しかけてくるから、『右』はあっちだよ!と言ってあげると、なぜか『逆ギレ』して『左』へ行ってしまう。

 

で、結局、後日、また『右』に行きたいって、話しかけてくるというタイプの方です。

 

その後は、延々ループです。

 

これも、ありとあらゆる事に言える事ですが、ちょっとだけ具体例を挙げてみましょう。

 

結婚したいと思っているけれど、妻子持ちの男性と不倫関係を続けているとかは、典型的な例に近かったりします。

 

 

で、ここで言いたいことは、

 

引き寄せで良く言われるのは、『好きな事に向っていく』そして、『嫌な事はしない』です。

 

上記に上げたようなパターンにハマっている方と言うのは

 

『好きな事に向うほど不幸』になります。

 

そして、『嫌な事に向えば幸せになれる』訳です。

 

他人から見れば、明白な訳です。

 

引き寄せの本当の本質は、『好きな事に向う』という事ではありません。

 

潜在意識に入っている事だけが現実化するというだけです。

 

潜在意識に入っている事に向うとき、人は『快』を感じて、

 

潜在意識に入っていない事に向うとき、人は『不快』を感じる

 

というだけなのです。

 

なので、スキとかキライとか関係無く、潜在意識にキライが入っていれば、キライに向うのに『快』を感じてしまうのが、私達なのです。

 

言われてみれば、そりゃ基本じゃん、と思うわけですが、人はなぜか現場に入った瞬間に、基本を忘れてしまいます。

 

だから、『好きな事をすれば良い』という、現実を冷静にみれば絶対に当てはまらないことを盲信するようになるわけです。

 

ハッキリ言います。

 

これが、『宗教にハマっている方の心理状態です』

 

好きな事をするだけで良いというのは、『潜在意識がプラスに設定済み』の方の場合の話しです。

 

であれば、好きな事なので、好きな事をしているなんていう自覚もないままに、潜在意識に設定された通りの現実を自ら作り出していきます。

 

しかし、です。

 

元々、潜在意識がプラス設定になっている方は、『引き寄せの法則』という概念に興味を持ちません。

 

健康な人が、『健康食品』に興味を持たないのと一緒です。

 

 

不健康だから、興味を持つわけです。

 

つまり、元々、潜在意識がマイナス設定になっている私達は、好きな事をやったらマイナスにまっしぐらになります。

 

好きな事をやるというのは、潜在意識が書き換わった後なのです。

 

繰り返します。

 

潜在意識の機能は、元々『設定されている事』に

 

『快』という感情を用いて誘導する事です。

 

で、そこから外れそうになったらば『不快』という感情を用いて、軌道修正する事です。

 

なので、そこには善悪がありません。ちょうどコンピューターみたいなものです。

 

 

なので、潜在意識が書き換わっていないのに好きな事を、やったら、どんどん不幸へまっしぐらになります。

 

引き寄せが、ちょっとややこしいのは、ルールが一定していないという事です。

 

潜在意識が『良』の場合は、好きな事をする、と幸せに向う。嫌な事をすると不幸に向う。

 

潜在意識が『悪』の場合は、嫌な事をすると、幸せに向う。好きな事をすると不幸に向う。

 

です。

 

自分の現状の潜在意識が、どうなっているのかで、ルールが逆転するんです。

 

そこさえ、しっかりと理解できれば、引き寄せに振り回されることはなくなり、幸せを現実化することが出来るのです。

 

 

Ameba人気のブログ