2016-05-13 21:46:43

舛添要一=(税金)窃盗犯

テーマ:人物





万引き犯人が警備員に見つかって『この分お金さえ払えばいいんでしょ』と逆切れしてる。


舛添要一は明らかな税金泥棒でありあきらかな犯罪者である。


この期に及んで「家族の泊まった部屋で会議した」と言い訳する意味不明な犯罪者に今後も税金を扱う資格があるのか。



『舛添都知事「家族が泊まる部屋で会議」


-政治家としての責任をどう考えるか、有権者から理解は得られるか

 舛添都知事 しっかりと精査できた。こういう疑念をもたれることは政治家として恥ずかしい。これからは今まで以上に働く。

 -収支報告書を訂正するというが、私的な会食がなぜ政治活動として記録されたのか。会計責任者は会合に出ていたのか。

 舛添都知事 私はどんな買い物でも領収証を取る。(個人と政治活動の)ふたつ箱があると思ってください。個人のお金も20万とか30万円とかプールしてとってある。会計責任者は(個人と政治活動の)両方の領収証を処理する。勘違いがあって、数件出てきたということ。私が会計責任者を責めるつもりはありません。システムを改善したい。

 -自宅近くの飲食店を取材したところ白紙の領収証を渡した、といっているが

 舛添都知事 白紙と言ってもまったくの白紙という意味ではない。私がもらったのか、かみさんがもらったのか、秘書がもらったのか、わかりませんが、宛名がないということ。金額は書いてある。何かに使うためではない。会計責任者がチェックするためにもらっている。

 -家族と泊まっている部屋で会議をしていたということだが、プライベートという認識か

 舛添都知事 平成26年1月2日という日付だが、数日後には都知事選に立候補した。緊急かつ重要な案件なので、この日くらいしか(会議を)やる時間がない。ただ、正月の休みで子どもたちにも約束していた。大きな部屋だったので1時間だか、2時間だかわからないがやった。家族の部屋を使わないでやっていればよかった。その1年前はまた正月だが、その少し前が総選挙の投票日だった。新党改革惨敗で敗戦処理をしなければならない。数カ月後には自分の参院選挙が迫っていた。そこでこういう形で使った。ただ、返金することにした。領収証自体は政治活動という認識でいる。

 -知事の職は続けるのか

 舛添都知事 全力を挙げて都民のために働く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。