※血液の取り扱いに注意!

保育現場では、素手で対応している場面を多く目撃します。手袋をする間もなく…というのはわかりますが、感染の可能性があるという意識を定着させましょう。

処置などで血液に触れるときには、必ず使い捨ての手袋を使いましょう!
血液や体液から病気に感染することがあるため、タオルやティッシュペーパー、素手で対応したときは、石鹸での手洗いを十分に行ってください。
また、保育者の血液等が他に触れないようにも気をつけましょう。


2.おむつ(便)交換時の使い捨て手袋使用について
【使い捨て手袋を外すタイミングと取り扱いの確認】  (実践にて確認)

*おむつ交換の実践確認
スタンプインクを便に見立てて使い捨て手袋に付着させ手袋を外すタイミングと取り扱いの意識付け

さて スタンプを付けた状態でおむつ交換をしてもらった結果は…?

「えっ~!こんなにインクついちゃってる~ きちんとやっていたつもりだったのに…」
残念ながら おむつや服にもインクが付着してしまっていました。

普段 明らかに便が付着したことを
見て確認できたり 臭いがしたりして自覚していれば
意識的に扱うのかもしれませんが 手袋に付着しているのに気付かず おむつ交換をしてしまっていると
結局は…

やっているつもりでも出来ていない

知らず知らずのうちにウイルスを広げてしまっていることになっていることも。


実践をしていると…
「私だったらこうやるなぁ」
「以前はこんな感じでやってたよ」
「こうしたらいいんじゃない!?」
などなど…たくさんの意見が出て とても盛り上がりましたぁげ㊤㊤

・おむつ交換をする前に用意をするもの&準備
・使い捨て手袋を外すタイミング
・手袋の外し方
・外したおむつや手袋の取り扱い

『これが一番良いやり方だね!』
…と全員で確認することができましたははは

きっと…おむつ交換をするとき この研修のことが頭に浮かぶことでしょう。
でも…忙しさから…忘れてしまった…となることも。
だから…定期的に確認する場をつくりますよ~!

とても話が弾んだ このおむつ交換の研修までで予定の30分が経過してしまいました*drop*
保育士さんたちに
「お時間がきてしまいましたがどうしますか!?」と聞くと 勤務外の時間になってしまうにもかかわらず…
「時間は大丈夫なので 是非続きをやってくださ~い」
…と。

嬉しい限りです…candy☆


続く…


保育園看護師
nao♪