今日は、小学校1年生
7歳の私をご紹介します。


私が入学したのは

神戸大学附属住吉小学校

(在学中は神戸大学発達科学部附属住吉小学校)
早口言葉みたいですよねニヤリ


現在は、
附属学校再編計画に伴い
2013年度をもって閉校となっています



卒業生には

ノーベル賞受賞した
江崎玲於奈さん
野依良治さん

フジテレビアナウンサーの
佐々木恭子さん

国会議員の丸川珠代さん

そして、俳優の
森山未來さん

などがいらっしゃいます。

森山未來さんは、実は二個上の先輩で
いつも輝くアイドルのような存在でした。

とくに、中学生のときは
バンドのボーカルとして黄色い声援を浴びたり
体育祭でマイケルジャクソンを披露して
観客を虜にするなど、その頃からスター。
(実は、同じバスケ部でもありました笑)


NHK時代に、森山未來さんに
インタビューしたいと提案書を
書いていたので、いつか実現できるように
がんばります🙋‍♂️

さて、森山未來さんの紹介文に
なってしまいました!笑

えーっと、7歳の私。

皆さんも、同じだとは思うのですが
新しい環境で、新しい勉強をしたり
友達を作ることって
とにかくエネルギーが必要です。

私の場合、通学も大変でした。

家から阪急電車に乗って二駅。
そこから、バスに乗って15分かけて
山の上まで行きます。

ちなみに、低学年は、バスでしたが
高学年は、歩いて山の上まで行きます。

体力は、この通学で培われました。



小学生の私は、とにかく几帳面でした。

文房具や教科書、制服、給食着、体操服
とにかくキチッとキレイに揃っていることが
美しいと思い

夜、必ず明日の準備を確認しないと
落ち着いて眠れませんでした。

そんな萌果さんが、
とくに楽しみにしていたのが
進研ゼミ小学講座。

ドリルを添削する、赤ペン先生のコメントや
定期的に送られる付録が待ち遠しくてたまりませんでした。

ある日、「ひまわりを咲かせようキット」
が届き、大事に発芽させようとしていたら

3歳の弟が、イノシシのように土から掘り返し
めちゃくちゃにゲッソリ

ブチ切れましたが、
3歳だからしょうがないでしょと言われ

お姉さんは、怒りのやり場に困ったことを覚えています。

とにかく、優等生と思われたい…
どこかカッコつけたい…

小さい頃から、おませな女の子は
小学校に上がってもまだまだ変わりません。


雨宮萌果