どんなもんだショー | VBCテレビブログ放送
2018年03月14日(水) 00時00分00秒

どんなもんだショー

テーマ:懐かしおもしろバラエティ
NET(現・テレビ朝日)系にて'66年4月27日から'67年7月12日まで毎週水曜午後7時から7時30分まで放送されたMBS毎日放送(現・TBS系)制作のバラエティ番組を特集!

芸能人や野球選手等が5人1組の紅白2チームに分かれて、かくし芸の披露や趣向を凝らした珍ゲームなどで競いあっていた公開バラエティ番組でした。

陪審員(審査員)達は出場者の芸に対して、アイデアや個性を重視した採点を行っていたという。陪審員として、"エノケン"こと故・榎本健一さん、安部寧さん、保積ペペさんと、毎回1人のゲストが務めていたという。

番組前期は、"キューピー"こと故・石川進さんと久里千里さんの司会で「プリマどんなもんだショー」と題しプリマハムの一社提供で放送され、後にスポンサーがトクホン本舗(鈴木日本堂=現・トクホン)に変わると、鈴木やすし(現・鈴木ヤスシ)さんと東山明美さんの司会へ変更され「トクホンどんなもんだショー」へ改題したという。今となっては、あまり考えられない変遷を辿りました。

"かくし芸"というと、かつての「新春かくし芸大会」(フジテレビ系/'64~'10年)があまりにも有名でしたが、こちらは基本的に"年一"の放送だったのに対し「どんなもんだショー」は"週一"の放送だったのがある意味スゴい!"ワイプ芸人"等がもてはやされ、食べ歩き番組やひな壇トーク番組がはびこっている今のテレビ界だと、ちょっと出来ないかもしれませんね・・・。

プリマハム・トクホン的にも"一社提供"をするだけの余裕は無いでしょうね。高度経済成長期真っ只中の好景気の時代だったからこそ可能だった一社提供だったのでしょう。


つくづく良い時代だったんでしょうなぁ・・・そういや、プリマハムもトクホンも、あんまりテレビコマーシャルを見掛けなくなってしまった感も。






"キューピー"こと故・石川進さん。テレビアニメ「オバケのQ太郎」・「ど根性ガエル」等の主題歌でも人気を博しました。/(C)円谷プロ

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス