2018年01月18日(木) 00時00分00秒

年末年始に観た番組~「クイズサバイバー」・「運芸会」

テーマ:VNNメディアウォッチング!!
'17~'18年末年始に視聴した番組をプレイバック!

まずは'17年12月31日(日)午後6時から7時間に渡って年またぎ放送された「くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー・2017」(テレビ朝日系)から。

'16年の大晦日も大々的に放送されましたが、今回は視聴率的にもまぁまぁだったようで、'18年の大晦日もやる気でいるのかもしれません。が、大晦日らしい情緒は一切感じられませんでしたね。

クイズ番組としてはよく出来ていたかとは思います。が、何が悲しゅうて大晦日の夜に7時間もクイズ番組やらなアカんねん!と。

結局、消去法なんですよね。裏番組の編成を見ていくとね。

NHK総合・NHK Eテレ・テレビ東京が音楽番組でしたが、何れも"特定の視聴者層"中心の展開でした。NHK総合の「紅白歌合戦」は若年層~中年層中心、NHK Eテレの「N響」・「クラシック・ハイライト」はクラシックマニア中心、テレビ東京の「年忘れにっぽんの歌」は高齢者層中心だったかと。

日本テレビの「絶対に笑ってはいけない」は若年層~中年層中心のバラエティ特番で、TBS・フジテレビの格闘技等はスポーツファン中心・・・何れにも該当しない、音楽にも格闘技にも興味が無い!という視聴者は、テレビ朝日しか選択肢が無くなってしまうという。結果、流しでダラダラと観続けるしかないという。

大晦日特有の空気と言いますか、雰囲気ってあるじゃないですか・・・ああ、もう今年も終わるんだなと。あと少しで新年に入るんだなという何かこう・・・ソワソワした感じが。「クイズサバイバー」には、そういった情緒が感じられないんですよ。

テレビ朝日は普段から長時間のクイズ特番をやたらめったら乱発しているせいもあるのかもしれませんが、事前収録というのも情緒がありませんね。同じ様な長尺のクイズ特番で「オールスター大感謝祭」(TBS系)がありますが、こちらは生放送なので臨場感が感じられます。が、事前収録だとどうも緊張感が伝わってきません。厳しい言い方をすれば「オールスター大感謝祭」の劣化コピーとでも言いますか。

番組そのものが面白くないという訳ではないものの、満を持して面白いとも感じませんでした。普段からやってる程度の番組を引き延ばしただけじゃないかと。観る番組が無かったから仕方が無く観ただけだった・・・のレベル。

以前、大晦日に長尺の生放送特番をやって失敗した経緯があったとはいえ、もう少し大晦日らしい情緒が欲しいですね。これは当局の贅沢かもしれませんが。

お次は'18年1月2日(火)午後4時から5時55分まで放送された「新春!運芸会2018」(日本テレビ系)。

ytv読売テレビ制作の正月特番で、志村けんさんと浜田雅功さんの組合わせによる特番もすっかり定番化しつつありますね。

内容は、若手~ベテランのお笑い芸人が体当たりで数々のゲームアトラクションに挑むという、本来のお正月のテレビらしい?かなり過激な番組です。毎年、かなり過激な事に挑んでいるのですが、今回もかなりキテましたねぇ。アラ探しがお好きな視聴者的には、早速BPOへ苦情を入れたのかもしれません・・・その程度のレベルだったと思います。

お笑い芸人が下半身まる出しになったり、熱湯に突っ込んでいったり・・・ノリ的には「スーパージョッキー」('83~'99年)ライクな印象を受けました。まだまだ地上波もヤレば出来るんだなと。

当局的にはあまり芸風が違うとはいえ、たまにはこういった体当たりギャグの番組でもやらないと、テレビ文化がドンドン縮こまっていくだけだと思います。

少なくとも、汗水かかずに都心の食べ歩きをするだけの番組、ひな壇トーク番組、毒味もオチも何も無い健康情報番組、ネットから拾ってきた衝撃映像を垂れ流すだけの番組よりは、よっぽどマシだと思います。BPOが何だ!と言いたいです。


やはり・・・もっと汗を流さないといけませんね・・・今のテレビ業界は。





(C)ytv

「新春!運芸会2018」より。近年の地上波の番組としては割と頑張っていた部類に属するかと。こういった番組一辺倒でも困りますが、たまにはこういった番組もやれるようでないと!/(C)YOMIURI TELECASTING CORPORATION.All Rights Reserved.
AD

コメント

[コメントをする]

10 ■若いけどご隠居様へ

テレビ朝日にとっては、ドル箱コンテンツの筈なのですが。再放送ぐらい良いのではないでしょうか。

9 ■Re:若いけどご隠居様へ

>VBCテレビさん
ドラえもんの作品区分けについて十分な補足が出来ていなかったので再補足します。
旧シリーズ=ドラえもんcv:大山のぶ代
新シリーズ=ドラえもんcv:水田わさび
さらに日テレ版という幻のアニメシリーズは旧々シリーズと扱われているようです。
旧シリーズをもう一度キャストで集めようとしてもすでに主要キャストの2人が鬼籍ですのでもう無理です。(改めてたてがべさん・肝付さんのご冥福をお祈りします。)o(_ _*)o

8 ■若いけどご隠居様へ

CS波だとリピート放送されていたような?旧シリーズでしたっけ?

クイズだけ・・・で7時間はあんまりなので、「ドラえもん」等のアニメもやって貰いたいものです。

7 ■Re:銀々丸様へ

>VBCテレビさん
「ドラえもん」の大晦日ゴールデンから降格の理由ですが、
・大山ドラだから許された再放送・再放映が水田ドラになると再放送作品の許可が下りなくなったなど制作側の事情や視聴率が影響していると思います。
できれば、テレビ朝日系の大晦日の夕方はNHK総合の都合でいったん消滅してしまった「面白ニュースグランプリ」の再復活に舵を切って、大晦日のゴールデンタイムに「ドラえもん」を復活させてほしいのですが・・・・・・・。NHKも紅白を封印させて大晦日の編成を考えてほしいです。(「ニュースハイライト」「スポーツハイライト」の時間を割いてくれ!!)以上補足コメントでした。m(_ _ )mo(_ _*)o

6 ■ゴステロ2018様へ

年1回やってるんですよ・・・元々ブッ飛んだセンスを持っていた局だったのでは?

5 ■若いけどご隠居様へ

枠交換されたら、こっちじゃ見れなくなってしまいます!個人的には、プロ野球と志村けんさんだと後者の方を選ぶので、枠交換はいただけません。

この正月は、旅番組が目立ちましたね。普段から目立ちますが、あまりにも乱発が過ぎませんか?旅番組は嫌いではないものの、こうもやられたんじゃ正月の情緒もヘチマもあったもんじゃありません。

「戦うお正月」・・・尺だけ長いだけのツマらない企画の番組と戦っていたのは視聴者側だったのではないでしょうか?

4 ■銀々丸様へ

「ドラえもん」だと、視聴率が獲れなかったからでしょう。とはいえ、大晦日の風物詩でしたしねぇ・・・。クイズだけで7時間って、あんまりな編成です。

3 ■新春運芸会

普段インテリぶった時事放談番組ばかりやってる讀賣テレビがこういうぶっ飛んだ番組をやるのも意外な感じもしますが…

2 ■「運芸会」は1月2日ではなく「プロ野球バトル」と枠を交換するべきなど正月番組への不平・不満

「運芸会」をちょくちょく音(スポンサーチェックのために)で合わせていましたが・・・・・・正月の深夜にやるべきか「プロ野球バトル」と枠を交換するべきですね。かつてはytv制作枠の正月特番が2枠あったのですが、うち1枠は箱根駅伝の時間枠後説→高校サッカー中継のために枠の確保が出来なくなり1月2日に設定していた「プロ野球バトル」の前身タイトルを1月4日以降(年によっては成人の日の前日午後)にずらす代わりにytvのバラエティー企画を1月2日夕方に固定させたらしいですが・・・・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌放送する時間が悪すぎますよ!!真裏には「さんまのまんま」の新春特大号(KTV制作・CX系)、MBS制作・TBS系の年始特番1本目にTX系の「男子ごはん新春スペシャル」ですもん。でも数字的にはさらにその真裏でやっていたテレ朝の「路線バスで寄り道旅東海道五十三次」に完敗だったとか・・・・・・。日テレと放送枠を説得させて話し合った上で来年以降も続けられるのであったら見やすい時間(例:箱根駅伝往路終了直後の14:05~15:55とかもしくは2日深夜の浅い時間とか)にやってほしいと思います。もっと言えば芸人もの以前にやっていた年始特番企画はなぜ復活できないのか?
あと、元日のテレ朝・ABCテレビ共同制作の「戦うお正月」が今年は特別企画だったのかの件ですが、黒柳徹子さんの怪我により脚やひざの回復に時間がかかったなどで「アッコvs徹子」のパチンコ対決など定番企画がロケ中止になったりと本来対決に必要な人材(芸人やタレントなど)が他局のロケと日時がブッキングしてしまったとかで豪邸の目利き対決以外企画見合わせとなってしまったようです。それを穴埋めするために急遽平成の歴史を振り返るという企画をメインになったとか。ただ、数字がどうだったのかは謎ですが・・・・・。(真裏に「逃げ恥」の一挙再放送とかもありましたから。)
今回はこれにて。m(_ _ )mo(_ _*)o

1 ■無題

なんでテレ朝は大晦日だよドラえもんを左遷したのか…
クイズ番組を7時間とか誰得だよ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。