2017年09月13日(水) 12時00分00秒

30分でも残業手当か?

テーマ:世相・ズバッ斬り!
某福祉施設勤務の当局の知人の女性(事務員)から、滑稽なお話を伺いました。

たまたま某女性介護員が"施設を代表して"、とある研修に参加することになりました。

その研修は午前8時30分から午後5時30分までの研修時間(途中1時間の休憩あり)だったのですが、その女性介護員から『ウチの施設は午後5時までの勤務だから、30分余計に研修で時間を拘束されるので30分間の残業手当をくれ!』と要求されたそうです。

コレって正しい要求になるのでしょうか?

この施設は午前8時30分の始業時間で午後5時が終業時間になります。終業時間だけで捉えると、確かに30分余計に"拘束"はされますが、あくまでも"研修"であって通常の勤務体形とはワケが違いますよね。

研修ですよ。自らのスキルレベルアップの為の!施設を代表して参加するのですから、単なる"残業"と置き換えるのは、あまりにも強引と言いますか・・・。

こういった要求を平然としてくるのもどうかとは思うのですが、それだけ福祉の世界って"言ったモン勝ち"の世界なのでしょうか?

最終的には、残業手当は払わなかったそうですけどね。当たり前じゃないのかな?それとも、残業手当を支払うべきなのか?研修なんだし。

何か、滑稽な話だなと。通常業務と研修の区別も出来ないのか?


こんな輩が多いから、不祥事も多くなる業界なのでしょうか。





こども銀行

介護員はおカネにガメつい?(写真はイメージです)
AD

コメント

[コメントをする]

2 ■建半様へ

真面目にお調べ下さり、申し訳ありません。

福祉業界はいい加減ですから、不祥事も多いのでしょうね。

1 ■「労働時間」の解釈次第で…。

通常「残業(=時間外)手当」が発生するのは、実働8時間を超える場合に時間給換算で1.25%の割増賃金をオーバー時間数に応じて支払う必要があると聞きます。そこの職場(福祉施設)の場合、施設内の勤務が午後5時までというなら、途中1時間の昼休みを考えると実働7.5時間となって、例え5時半までの30分を“残業”しても1.00%の時間給換算分を払えばOKで、25%の割増分は不要となると思います(5時半を超えて実働8時間超となれば割増も必要)。
それに研修などの外勤となる時には、勤務時間の管理が職場では及ばないでしょうから(要するに研修の授業が延びる場合もあれば…)、いわゆる残業手当は不要となるのではと感じます。
原則的には研修参加の職員は間違いとは言えないと思いますが、勤怠管理面で錯誤があるようで…??

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。