2013年07月12日(金) 12時00分00秒

ダメ害酷人列伝~エルマー・デセンス

テーマ:おもいッきりプロ野球!!
'99年に巨人に在籍していたダメ害酷人を特集!

'71年1月13日にメキシコ・ソノラ州エルモシージョで生まれ、ポジションは投手。'96年にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビューを果たすと、'98年に中継ぎを中心として43試合に登板。'96~'98年の3シーズンは61試合に登板し2勝8敗という実績を引っさげて'99年シーズン途中に読売ジャイアンツに入団。

背番号は67でした。

一軍では8試合に登板し(3先発)1敗・防御率3.86とイマひとつ。しかし二軍では最優秀防御率のタイトルを獲得も、勝つことが至上主義の巨人では評価されずこの年限りでお払い箱に。

初登板は'99年4月20日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、8回裏に2番手として救援登板、1回2失点(自責点1)、初先発は'99年6月23日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤドーム)、2回0/3を2失点で降板。初奪三振は'99年9月23日、対阪神タイガース27回戦(東京ドーム)、1回表に桧山進次郎から奪いました。初奪三振を奪うのに半年近くもかかったとは・・・(泣)

しかしその後メジャー復帰してからはめざましい活躍をします。

'00年にシンシナティ・レッズでメジャーに復帰後、2年連続二桁勝利を挙げるなど活躍!

アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した'03年は、序盤戦にエースのランディ・ジョンソンとカート・シリングを怪我で欠く中、チーム最多の30先発を記録するなど、当時新人だったブランドン・ウェブやミゲル・バティスタらと共に苦しい先発ローテーションを支えました。しかし、7回まで投げたのはわずか4試合だったという。また、対戦相手の4番打者は被打率.195とほぼ完璧に抑え込んだのに対し、8番打者には被打率.391と打ち込まれたとか。

'06年はワールド・ベースボール・クラシックのメキシコ代表に選出。

'09年は'06年に続いてワールド・ベースボール・クラシックのメキシコ代表に選出。2月にニューヨーク・メッツとマイナー契約。シーズン途中にメジャー昇格を果たしたものの、7月30日に戦力外となりました。しかしジョン・ニースが故障したことにより、8月6日に再びメッツとメジャー契約を結んだとか。

メジャーでは通算441試合に登板し52勝64敗5S・防御率4.44でした。


巨人ではサッパリでしたが(泣)メジャーではそこそこの活躍ぶりだったみたいですね。





$VBCテレビブログ放送-出た!センス!

メジャー時代のデセンス。日本ではまるでセンスの無い内容でしたが(泣)日本で変化球の勉強をしたか?
AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。