「サル痘」国内初感染の30代男性、6月下旬に欧州に渡航…発熱・頭痛・発疹 | 自称投資家元シンガーソングライター松山栄一の写真・アニメ・時事ネタ他なんでもアリの超ウルトラ基地

「サル痘」国内初感染の30代男性、6月下旬に欧州に渡航…発熱・頭痛・発疹

厚生労働省は25日、天然痘に似た感染症「サル痘」の感染者が東京都内で確認されたと発表した。メモ

 

感染者が国内で確認されるのは初めて。  

 

同省によると、感染者は都内に住む30歳代の男性。

 

発熱、頭痛、発疹、倦怠(けんたい)感の症状があり、都内の病院に入院しているが、状態は安定しているという。  

 

男性は6月下旬に欧州に渡航し、7月中旬に帰国した。

 

同15日から倦怠感があり、25日に都内の医療機関を受診。

 

東京都健康安全研究センターの検査で感染が判明した。

 

欧州滞在中、後にサル痘と診断された人と接触歴があったという。

 

保健所が男性の帰国後の行動歴等を聞き取り、濃厚接触者の有無を調査している。  

 

世界保健機関(WHO)等によると、サル痘の人から人への感染は、患者の発疹や体液等に接触することで起きる。注意

 

潜伏期間は7~14日程度とされ、発熱や頭痛、リンパ節の腫れ等の症状が1~5日続いた後、発疹が出る。ドンッ

 

治癒するまでは、発症から2~4週間かかる。  

 

多くは自然に回復するが、子供等は重症化する可能性があるとされている。

 

国内で備蓄のある天然痘のワクチンが、サル痘の発症や重症化予防に有効とされる。

 

治療は対症療法が基本だが、欧州で承認された治療薬もある。  

 

医療体制が不十分なアフリカでの致死率は3~6%程度という報告もあるが、アフリカ以外での死者は報告されていない。ひらめき電球  

 

サル痘は、これまで主にアフリカの一部で感染が広まっていたが、今年に入り、英国やスペイン等75か国・地域で1万6000人以上に急増している。

 

WHOは23日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

 

・・・・・・

予定通りサル痘が入ってきたな、WHOはまた煽れるネタができたことでさぞほくそ笑んでいるだろうな汗

 

落ち着いて対処すれば大丈夫だが、また洗脳されるとコロナ騒ぎみたくなってしまうからなドクロ

 

あと懸念されることは、コロナワクチン打った人に天然痘のワクチンを打ってはならない、何故ならコロナワクチンで免疫が弱った人に天然痘のワクチンを打ったらとどめを刺すことに他ならないからな叫び