日経平均株価 続落で467円安 | 自称投資家兼シンガーソングライター松山栄一の写真・アニメ・時事ネタ他なんでもアリの超ウルトラ基地
新型コロナウイルスに関する情報について

日経平均株価 続落で467円安

29日の日経平均株価は続落。朝方は、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン型」への警戒感が続き、売りが先行した。円高・ドル安もあって、前場早々にいったん2万8400円を割り込んだ。その後、時間外取引の米株価指数先物高を支えに上げに転じる場面もあったが、買いは続かず、後場入り後は再び軟化した。岸田首相は午後、あす30日から全世界の外国人の新規入国を原則停止すると発表、重しとして意識された。先物売りを交えて下げ幅を拡大し、終盤には2万8178円12銭(前日比573円50銭安)まで下押した。一巡後は下げ渋ったが、戻りは限定された。


市場からは「新変異株については過度な悲観も楽観も禁物だが、要は分からないのが足カセになる。来週のメジャーSQをにらみつつ、先物に振らされている状況で、上にも下にも値幅が出やすい」(準大手証券)との声が聞かれた。


東証業種別株価指数は33業種中31業種が下落した。騰落銘柄数は値上がり159銘柄、値下がり1989銘柄、変わらず32銘柄だった。


11月29日(月)の主な数値


日経平均株価 2万8283円92(前日比-467円70ダウン


東証1部株価指数(TOPIX) 1948、48(前日比-36、50ダウン


東証1部の出来高 15億3062万株


売買代金 3兆3942億円


(記事引用元 モーニングスターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20211129-00131733-mosf-market

(関連URL ヤフーファイナンスhttps://finance.yahoo.co.jp