日経平均株価 反発で358円高 | 自称投資家兼シンガーソングライター松山栄一の写真・アニメ・時事ネタ他なんでもアリの超ウルトラ基地
新型コロナウイルスに関する情報について

日経平均株価 反発で358円高

15日の日経平均株価は反発。朝方は、新型コロナウイルスワクチンの開発進展報道を背景に現地14日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行した。米バイオ医薬のモデルナが同日、開発を進める新型コロナワクチンに関して第1相試験の参加者全員が抗体を獲得したことを確認したと発表、時間外取引での米株価指数先物の上昇も支えとなり、いったん2万2900円台半ば近辺まで値を上げた。その後、中国・上海総合指数が朝高後に下げに転じたこともあり、後場序盤にかけて伸び悩んだが、買い気は根強く持ち直し一時2万2965円56銭(前日比387円55銭高)を付けた。その後も高値圏で推移した。TOPIX(東証株価指数指数)は6月23日以来の200日線回復となった。


市場からは「今日のところは、新型コロナワクチンの開発期待が感染者拡大よりも優った。TOPIXも200日線をクリアし、動きがいい。ただ、決算を控えて機関投資家は動けず、誰がここから上を買うのか悩ましい」(準大手証券)との声が聞かれた。


東証業種別株価指数は33業種中全33業種が上昇した。騰落銘柄数は値上がり1860銘柄、値下がり260銘柄、変わらず51銘柄だった。


7月15日(水)の主な数値 

日経平均株価 22945円50銭(前日比+358円49銭アップ


東証1部株価指数(TOPIX) 1589、51(前日比+24、36アップ 


東証1部の出来高 12億4571 
 

売買代金 2兆2092億円


(記事引用元 モーニングスターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200715-00331733-mosf-market

(関連URL ヤフーファイナンス https://finance.yahoo.co.jp