日経平均株価 反落で197円安 | 自称投資家兼シンガーソングライター松山栄一の写真・アニメ・時事ネタ他なんでもアリの超ウルトラ基地
新型コロナウイルスに関する情報について

日経平均株価 反落で197円安

14日の日経平均株価は反落。朝方は、13日の米国株式市場でNYダウが急騰後に失速し、ナスダック総合指数が下落した流れを受け、売りが先行した。米カリフォルニア州で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け州全域でレストランの屋内営業などを再び禁止し、懸念要因となった。日経平均は前日大幅反発(493円93銭高)した反動で利益確定売りが出やすかった。中国・上海総合指数の下げも重しとなり、株価指数先物売りを交えて軟調に推移し、後場の早い段階で2万2538円78銭(前日比245円96銭安)まで下落した。その後の戻りは限定され、大引けにかけて上値の重い展開となった。


市場からは「新型コロナの感染が拡大しても下ブレることなく、レンジ内でのもみ合いが続いている。上値は重いが、下値ではマネーが入ってくるということだ」(準大手証券)との声が聞かれた。


東証業種別株価指数は33業種中26業種が下落した。騰落銘柄数は値上がり814銘柄、値下がり1263銘柄、変わらず94銘柄だった。


7月14日(火)の主な数値 

日経平均株価 22587円01銭(前日比-197円73銭ダウン


東証1部株価指数(TOPIX) 1565、15(前日比-7、87ダウン 


東証1部の出来高 10億9642 
 

売買代金 1兆9778億円


(記事引用元 モーニングスターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200714-00231733-mosf-market

(関連URL ヤフーファイナンス https://finance.yahoo.co.jp