おひとりさま経営者の自己管理 | スモールビジネスの教室/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
フリーランスになって20年。

ずっと頭を悩ませてきたことと言えば「自己管理」です。

会社員時代にサボってばかりいた自分が、自分を管理する上司のいない状況で、どうやって仕事をしていくのか、ってことです。

たとえば
「セミナーやろうかな」
と思った場合でも、「〇月〇日までにやらなくてはならない」という期限が無いわけです。

だから、ずっと「やろうかな」の状態のままでいられます。

「新しいサービスつくろうかな」
「メルマガはじめようかな」
「チラシ作ろうかな」
「名刺を作り替えようかな」

すべて同じです。

手をつけずにいようと思えば、ずっと放置できますもんね。

つまり先延ばしです。

上司がいれば「いつまでかかるんだ」なんてお叱りをいただいて、シブシブでも取りかかるかもしれませんけどね。

メルマガをはじめなくても、誰かに迷惑がかかるわけでもありませんしね。

でもそれでは、1ミリも前に進みませんよね。

どうやって自分自身の行動を管理していくか。

ずっとこれに頭を悩ませてきたわけです。

「やりたいことだけやればいい」の意味

誰でも最初に思うのは「ヤル気の問題」ってヤツですね。

たしかに、はなっからヤル気の無いことに手をつけたいとは思いませんものね。

でも仕事の上では、「やりたくないけどやらなくてはならないこと」というものが存在します。

よくビジネス書などで「やりたいことだけやる」というフレーズが出てきます。

でもこれって「やりたいこと」のレベルが違うんですよ。

たとえば「教室ビジネスをやりたい!」と思ったのであれば、それが「やりたいこと」なのです。

教室ビジネスをはじめるための面倒な手続きなどは、「やりたくないこと」ですね。

でも「やりたいことのためにやらなくてはならないこと」なのです。

この部分になかなか手が付けられない、ってことですね。

「メルマガやりたい」と言いつつ、なかなか手をつけられない人も同じです。

「メルマガ」はやりたいこと。

でもメルマガサービスに登録して、1本目の記事を書きはじめることは「やりたいことのためにやらなくてはならいこと」なんですね。

事業レベルで「やりたいこと」をやればいいんですが、そのためには無数の作業レベルでの「やらなくてはならいこと」が発生する、ってことです。

ツールや手法論で解決できるのか

手帳だとか時間管理ツールでなんとかしよう、と思った時期もありました。

今では、以前とは比較にならないほど、手帳を活用できているとは思います。

でも、「手帳を運用する」ということだって「やりたいことのためにやらなくてはいけないこと」のひとつです。

だからコレがうまく運用に乗らなくては、「手帳をつかって自己管理する」という試みでさえ、何度も挫折してしまうわけですね。

ここでも大事なのはアレだった

仕事そのものにどこか活路が見え始めたころから、手帳も積極的に活用するようになってきました。

じゅうぶんとは言えないまでも、以前に比べたら自己管理ができるようになってきたとは思います。

これって自分の方針が定かになってきたからなんですね。

つまり「自分はどこを目指すのか」「どうなりたいのか」ってことです。いわゆるビジョンですね。

それが「なぜ自己管理するのか」という納得感、腑に落ちるイメージにつながるんですね。

コレがとてもとても大事なんだと言うことが、体験してはじめてわかりました。

経営学では「コミットメント」という言い方をします。

「気合い」だとか「ヤル気」「根性」とは、ちょっと違いますね。

「自分はこれをやる、なぜならば」という納得感。

自己管理というのは、自分の方針やビジョンに対するコミットメントからスタートする、ってことですね。



最近読んだコレに、そんなことが書いてありました。

こういった本、以前からたくさん読んでいたはずなのにね。

やっぱり自分で「そうゆうことか」ということが実体験の中で腑に落ちてから読むと、まったく違うものです。

短くて読みやすいですから、おススメですよ。

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント