あなたのスモールビジネス経営のお役に立ちたいと思っています | スモールビジネスの教室/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
ワシ自身、スモールビジネスとして独立して、間もなく20年目になります。

この20年、決して順風満帆だったわけではなく、どちらかというと「底」にいた期間のほうが長かったように思います。

フリーランスや個人事務所などの「スモールビジネス」だからこそのお悩みも、自分自身の体験を通して、よく理解しているつもりです。

一方で、会社員時代や、コンサルタントとして独立してからも、スモールビジネスだけではなく、スタッフ数人から、数百人以上の会社や組織とお仕事をさせていただいた経験もあります。

会社員時代には、大手コンビニエンスストアともお仕事をさせていただきました。

一方で、従業員数人の町工場のような製造業さんともお仕事をさせていただきました。

変わったところでは、高校野球でも有名な私立高校や、国立大学の一学部、「お寺さん」ともお仕事をさせていただいたこともあります。

そのため「規模や業種によって抱えがちな問題や課題」なども、わかるようになってきました。

よく聴く不幸なアンマッチ

ある公的機関の担当者さんから聞いたお話しがあります。

この担当者さん、大手企業を退職して独立したコンサルタントさんに、スタッフ数人の製造業さんの経営支援をお願いしたそうです。

つまり、担当者さんは「支援先企業」と「支援者」を取り結ぶコーディネータの役割ですね。

そしたらそのコンサルタントさん、支援先企業に高価なコンピュータシステムを提案されたそうです。

支援先にはそのようなシステムを導入するだけの資金力がないだけではなく、システムを運用するだけのマンパワー(人材、人手)が無い、ということさえ情報共有できていなかったんですね。

このケースの場合、コンサルタントさんだけに問題があったのではなく、コンサルタントと支援先企業を取り結んだ公的機関のコーディネータさんの責任もありますね。

でも、いろんな支援先でお話しをお伺いする限り、こういったケースは稀ではないようです。

つまり、「支援者側が提供できる支援」と、「支援先が実際に受けたい支援」の内容がマッチしていないんですね。

最初の「選択」が肝心です

コーディネータ経由ではなく、相談者ご自身が相談相手を探す際にも、同じような「アンマッチ」の事例には事欠きません。

コンサルタントが悪い、相談者が悪い、というよりも
「相談者が選び、支援者が請けた時点ですでにアンマッチであることに双方が気づいていない」
というケースが多いのです。

コンサルタントの得意分野、得意な業種、得意な規模、得意な手法、得意なスタイル、いろいろとあります。

相談相手を探す際には、検索イッパツで相談相手を選ぶのではなく、ブログやフェイスブックなどで、コンサルタントの活動をよく観察してみることをオススメします。

今からフリーランスや個人事務所で独立する方、独立したけどなかなかうまくかなくて悩んでいる方、スタッフ数人までの社長さんからのご相談であれば、ワシはお役に立てると思います。



ワシにご相談くださる場合には、以下のようなセミナーやメニュー、窓口を設けていますので、お気軽にね。

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント