はやく「ひとつめ」をつくれ! | スモールビジネスの教室/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
来週はセミナーが3連発です。

その三つのセミナーのスライド資料を作り上げ、得意満面のドヤ顔をご覧ください(笑



テーマはそれぞれ
  • 小さなビジネスの売れる発信法セミナー
  • 売れるセミナー講師入門セミナー
  • 失敗しないスモール起業セミナー

と、今のワシの主力コンテンツばかりです。

さらに今週開催した

「広告デザイン、レイアウトセミナー」を加えると4つ。

以前に比べたら、4本のセミナースライドを作り上げる時間としては、かなり短時間で作ることができるようになりました。

それもそのはずです。

どれも、いちどは講師を務めたことがあるセミナーだからです。

いったん作ってしまえば、次からは早い

ワシの場合、以前に登壇したセミナーと同じテーマのセミナーに臨む場合も、前回つくったスライドをそのまま100%使うことはありません。

必ず最新の手を加えるようにしています。

だからセミナーのたびに「スライドづくりの時間」が必要になります。

だけど、ゼロから作り始める場合に比べたら、随分と短時間で済みます。

新しいテーマのセミナーでも、最初の1回目のスライドさえ作ってしまえば、次からは「バージョンアップ」「改良」で済むのです。

だから「最初の一回目をとにかくやってしまう」ことは、とても大事ですね。

これは、セミナーのスライドづくりに限った話ではありません。

チラシ、100%満足でなくてもいいので、とにかく一回、完成させて、配りはじめましょう。

ホームページ、コンテンツが揃わないからと、いつまでもダラダラ作っていないで、いちど公開してしまいましょう。

商品やサービス、内容について「どれが売れるか」と悩むよりも、いちど売り出してみればいいんです。「どれが売れるか」はすぐに明らかになります。

セミナー、「人が集まるかな」と悩むよりも、会議室を押さえて告知をはじめる。「ひとりも来なくても上等!」という覚悟があれば、すぐ開催できます。

ブログ記事、「とにかくブログ開設だけはしましたが、記事はまだゼロです」なんていつまでも言っていないで、とにかく「一本目の記事」を書きましょう。
どうせ最初は誰も読んでいないのですから(笑

実績、知り合いに頼んででも、「ひとつめの実績」をはやく作ってしまいましょう。

とにかく「最初のひとつめ」をつくると、次からの大変さは、最初の比ではなくなるのです。

そこからはスピードアップして、どんどん改良をしていけばいいのです。

ひとつめを早くリリースしないと、何もスタートしないのです。

なぜかというと、「ゼロ」、つまり「一つ目を出す前」は、想像でアレコレ考えるだけです。つまり現実ではないのです。

「ひとつめ」を世に送り出した後は、その結果が明らかです。

たとえセミナー集客が0人だったとしても、

「集まるかな、どうかな」ではなくて「やってみたら0人だった」になるのです。

これは大きな進歩です。

そこで初めて、現実的な視点に立って、悩み始めることができるのです。

「スタートの手助けが欲しいわー」と思う人は、こちらからお手伝いできます。


スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント