「活動の様子」を発信する狙いとは | スモールビジネスの学校/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
来週は、三重県の四日市市保健所さまが主催するセミナーの講師をさせていただきます。

市内の給食施設で働く管理栄養士さん、保健師さん向けの「健康チラシ」「健康POP」づくりのセミナー(非公開)です。

管理栄養士さん向け、保健師さん向けの「チラシ作りセミナー」のご要望を、これまでにも何度かいただいています。

ワシは特に「保健師さんのためのチラシ作り」のセミナー講師として特化しているわけではありません。

だけど、この要望を何度もいただいているのは、理由があります。

それは。

「保健師さん、管理栄養士さん向けのチラシ作りセミナーで講師をしました」

と、セミナーのたびに何度も発信しているからです。


【2017年9月に開催された三重県市町保健師協議会さま主催セミナー】

「何ができるのか」が明確でない人に仕事は来ない

「今このようなことに取り組んでいます」
「こういったお仕事をさせていただきました」

という発信を続けることは、とても大事です。

それらの発信はそのまま

「こういったお仕事ができます」
「こういったご依頼をお受けすることができます」

と発信していることと同じだからです。

「保健師さん、管理栄養士さん向けのチラシ作りセミナーやりました!」

という記事を発信することは、そのまま

「保健師さん、管理栄養士さん向けのチラシ作りセミナーができます!」

とお伝えしていることと同じなんですね。

だから

「セミナーやってきました!」

だけではダメで、あくまで

「保健師さん、管理栄養士さん向けのチラシ作りセミナーやりました!」

「誰に、何を提供したのか」を発信することが大事なわけです。

「今日はセミナーやってきました!」というだけの発信、よく見かけますよね。

あれじゃ、もし見込み客の目に留まったとしても、スルーされますよね。

しかも、記事の体裁は「活動報告」なので、売り込み色がほとんどありません。

たびたびこのようにお伝えしているのですが、不思議なほど、活動内容をつぶさに発信する人って少ないですよね~。

それでいて「仕事が全然入ってこないんです~」って暗い顔してるんですよね~。

そりゃ、ネコの話題や飲み歩きの話題ばかり記事にしたって、仕事は来ないって。

実績の件数が少なかったら、その1件1件を、ていねいに詳しく発信していけばいいのにね~。

って、今日のこの記事もきっと「保健師向けセミナー」とかで検索すると、表示されるようになっちゃうのかな♪ むふふ。


スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス